国内男子ツアー優勝にアジアアマ優勝 今年大ブレークの中島啓太は“スクワットダウン”でぶっ飛ばす! | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内男子 > 記事

国内男子ツアー優勝にアジアアマ優勝 今年大ブレークの中島啓太は“スクワットダウン”でぶっ飛ばす!

2021年11月30日11時00分

ダウンスイングでは右ヒザを前に出さないようにスクワットダウン、そしてインパクトで両足を一気に伸ばしてヘッドスピードを上げる

 

ダウンスイングでは右ヒザを前に出さないようにスクワットダウン、そしてインパクトで両足を一気に伸ばしてヘッドスピードを上げる(撮影:米山聡明)

9月の「パナソニックオープン」で倉本昌弘、石川遼、松山英樹、金谷拓実に次ぐ国内男子ツアー史上5人目となるアマチュア優勝を成し遂げた中島啓太。それだけでなく、今年は世界アマチュアランキング1位に与えられるマコーマックメダルを受賞したり、11月の「アジアパシフィックアマチュア選手権」で優勝し、来年のマスターズの出場権を掴んだりと、大ブレークを果たした。

腰は回さず切り上げる! 中島啓太のドライバースイング【連続写真】

そんな中島のスイングを世界トップ選手のスイングを研究する“スイングアナリスト”吉田洋一郎が現在発売中のゴルフ雑誌ALBA833号のなかで分析している。

「中島選手はダウンスイングで右ヒザを前に出さず、スクワットのような体勢で真下にいったん沈み込んでいます。お尻やモモ裏の筋肉が効果的に使えるため、両足で地面を押し込むことができ、ヘッドの遠心力がよりいっそう働きますね。そこからインパクトで両カカトが浮くくらい両足を伸ばしているので、強烈にヘッドが走っていますね」と、その特長を解説。300ヤード以上飛ばして、しかも曲がりが少ないショットの秘密はここにあるようだ。

さらに詳しく聞くと、「ダウンスイングで右ヒザが前に出ると、右腰が伸びてしまう。上体が伸び上がるので、スイング軌道は安定せず、効率的に飛ばすことはできません。また、両足を伸ばして飛ばしにつながる強い遠心力を生み出していますが、両肩がタテに回転しているので、インパクトゾーンも長くなって方向性もアップしています」と吉田はいう。

また、「左右の腰を回転させるのではなく、空手の瓦割りのように腰を“切り上げる”動きで、タテに動かしています。軸ブレしにくいので、ヘッドも安定して走りますね」と、そのスイングの完成度の高さを絶賛した。

ALBA Movies

おすすめコンテンツ

国内女子ツアー撮れたてフォト
どこよりも早く! 女子プロの笑顔はライブフォトでチェック!
女子ステップLIVEPHOTO実施中!
女子ステップも現地から写真を直送。レギュラーを目指す選手の戦いに注目!
男子ツアーLIVEフォトはコチラ
男子ツアーの熱戦をLIVEフォトでチェックしよう。
ツアーパター情報局
プロの使用モデル最新情報や新製品スクープに売上ランキングまで、パターに関するNEWSは全てここに集約!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
あの感動がよみがえる!名勝負ものがたり
過去に繰り広げられた名勝負を再現。ALBA.Netにしかない秘蔵写真も満載!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!