「最後にすがれるのは師」 “振り切れ!”の一言が変えた原英莉花のゴルフ【辻にぃ見聞】 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

大王製紙エリエールレディスオープン

  • 期間:2021年11月18日-11月21日、
  • 場所:エリエールゴルフクラブ松山(愛媛県)

「最後にすがれるのは師」 “振り切れ!”の一言が変えた原英莉花のゴルフ【辻にぃ見聞】

2021年11月23日12時39分

最後まで“振り切る!” 原英莉花が師匠のアドバイスを胸に21年初優勝を飾った(撮影:佐々木啓)

先週の「大王製紙エリエールレディス」は、原英莉花が約1年ぶりとなるツアー通算4勝目を手にした。昨年メジャー大会2冠を達成しながら、今年はここまで未勝利。優勝のあとには「この1年間ずっと苦しくて…自分の思う通りに運べなかった」と涙が止まらなかった。この優勝劇を、上田桃子らを指導するプロコーチの辻村明志氏はどう見たのか。

けっこう貴重 ジャンボと原英莉花のツーショット写真

■「競り勝つ強さ」を久々に見た試合

今年は4日間好天が続き、例年ほどの寒さを感じなかったエリエールゴルフクラブ松山。それでもやはりラフは冬枯れという状況で、先週小祝さくらのキャディを務めていた辻村氏は、「フェアウェイとの差が大きくないし、ラフに入れたからといってィスアドバンテージにはならなかった。伊藤園までのような、ラフでのつっかかりもありませんでした」と、その状況について話す。

実際、原もフェアウェイキープは56ホール中26回で、率にすると46.4%ながら、パーオン率は83.3%(60/72)を記録。グリーンが軟らかくボールが止まりやすいというコンディションも相まって、ラフからでもチャンスを量産した。こうなると平均257.23ヤードでドライビングディスタンス1位をひた走る飛距離は大きなアドバンテージとなる。勝負を決した最終日17番のイーグルも、ギリギリ池ポチャを回避し、ラフからの2打目を8メートルにつけ奪ったものだ。

こういうコースメリットはあったものの、やはりその勝負強さは際立っていた。「ここまでの調子から考えると、例えラフに飛ばしても大丈夫な状況といえど、勝つところまでいけるのはお見事です。トップに抜けた時の強さ、競り勝つ強さを改めて感じました」と、辻村氏もその精神力には驚かされたようだ。

おすすめコンテンツ

来季出場権をかけた争い 女子ファイナルQTの現地フォト
来季のツアー出場権をかけた女子QTのファイナルステージ。現地で撮影したフォトギャラリーをお届けする。
男子ツアーLIVEフォトはコチラ
男子ツアーの熱戦をLIVEフォトでチェックしよう。
【初心者応援企画】1万円前後で買える中古ドライバー5選
ゴルフパートナーの店長が、1万円くらいで買えて、やさしく真っすぐ飛ばせる中古ドライバーを5本選んで紹介!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
【プロの優勝ギア】松山英樹が“伝説の一打”を放った5番ウッドはいくらで買える?
ZOZOチャンピオンシップでイーグルを引き寄せた5番ウッドの正体は?
【萌木の村 八ヶ岳ブルワリー】 そのビールの特徴と製法について聞いてみました!
豊かな自然を見ながら、美味しいビールを飲み、ゆっくりと流れる時間を味わうことが出来る場所でした。
見るべきゴルフ系YouTubeは
ゴルフの世界もYouTubeは必須の情報源。そこで人気ゴルフYouTubeチャンネル仕掛け人におすすめを聞いた。
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!