そのプレーは“神がかり的” ライバルたちも「職人」「ボギーを打つと思えない」と語る古江彩佳の強さの理由を見た【辻にぃ見聞】 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

NOBUTA GROUP マスターズGC レディース

  • 期間:2021年10月21日-10月24日、
  • 場所:マスターズゴルフ倶楽部(兵庫県)

そのプレーは“神がかり的” ライバルたちも「職人」「ボギーを打つと思えない」と語る古江彩佳の強さの理由を見た【辻にぃ見聞】

2021年10月26日11時00分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 古江彩佳 -12
2 西郷真央 -11
3 菊地絵理香 -10
4 勝みなみ -8
5 脇元華 -7
  宮田成華 -7
7 藤田さいき -6
8 笠りつ子 -5
  酒井美紀 -5
  ユン・チェヨン -5

順位の続きを見る

2連勝の古江彩佳 その“神がかり的”な強さの理由は?

2連勝の古江彩佳 その“神がかり的”な強さの理由は?(撮影:鈴木祥)

古江彩佳が地元・兵庫県で2週連続優勝を成し遂げた先週の「マスターズGC レディース」。最後は1打差まで迫った西郷真央を退け、逃げ切りで通算6勝目(アマチュアでの1勝を含む)を挙げた21歳の強さの理由を、上田桃子らを指導するプロコーチ辻村明志氏が分析する。

これが古江の左手のグリップ…確かに“極端な”ストロンググリップです【写真】

■強風のなかFWキープ100%…新ドライバーへの信頼感も

小祝さくらのキャディとして、予選ラウンド2日間で古江と回った辻村氏。近くでそのプレーを見て、「ティショットはラフに行かないし、パターも決まる。スキが見えませんでした」と舌を巻いた。そしてトータル4アンダーで決勝ラウンドに進み迎えた3日目。ここが優勝への「ターニングポイント」になった。

この日、早朝から強風が吹く難コンディションに多くの選手が苦しむなか、古江はただ一人60台(67)をマークし単独トップに躍り出る。さらに驚くべきは、フェアウェイキープ率が100%だったという点。「古江さんは、そこまで高く球が上がるタイプではないので、風が強くても大きく左右されるタイプではない」(辻村氏)と球筋も功を奏したが、北北西からの冷たい風は打球への影響だけではなく、体の熱を奪うものでもあった。

そのなかでも古江のティショットはフェアウェイをとらえ続けた。「本当にドライバーショットが曲がらない。以前はたまに左に巻き込むような球も出てましたが、一発もそれがなかった。ロースピンで、そこまで高さのないドローボールが、毎回同じ幅で曲がる。ずっと同じ球を打っているような錯覚に陥りました」。まさに精密機械。そんな正確さを誇っていた。

ALBA Movies

おすすめコンテンツ

国内女子ツアー撮れたてフォト
どこよりも早く! 女子プロの笑顔はライブフォトでチェック!
女子ステップLIVEPHOTO実施中!
女子ステップも現地から写真を直送。レギュラーを目指す選手の戦いに注目!
男子ツアーLIVEフォトはコチラ
男子ツアーの熱戦をLIVEフォトでチェックしよう。
ツアーパター情報局
プロの使用モデル最新情報や新製品スクープに売上ランキングまで、パターに関するNEWSは全てここに集約!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
あの感動がよみがえる!名勝負ものがたり
過去に繰り広げられた名勝負を再現。ALBA.Netにしかない秘蔵写真も満載!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!