松山英樹は115cm、タイガー・ウッズは130cm 目とボールとの距離は近い方がタッチが合う! | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 米国男子 > 記事

松山英樹は115cm、タイガー・ウッズは130cm 目とボールとの距離は近い方がタッチが合う!

2021年07月28日19時00分

目とボールとの距離は松山が115センチ、ウッズが130センチ タッチが合わない人は松山を真似るといい

 

目とボールとの距離は松山が115センチ、ウッズが130センチ タッチが合わない人は松山を真似るといい

動作解析の権威にして、パッティング解析に情熱を注ぐ日本獣医生命科学大学の濱部浩一教授が、パットが入る“絶対法則”を現在発売中のゴルフ雑誌ALBA825号で語っている。ここではその一部を紹介しよう。

松山英樹は“低いトップ”に改造してマスターズ制覇!【写真】

まず驚かされたのは、「パターのヘッドは浮かせて構えるべし」という説。濱部教授によると「一般的にヘッドは低く動かせと言われますが、実験ではヘッドを地面から0.9〜1.5センチに浮かせてインパクトしたとき、順回転のいいコロがりになりました」という。

その高さの目安としてちょうどいいのが、直径約1センチの単4電池。練習するときにボールの手前に単4電池を置き、電池に触れないように打てればOK。もちろん上を通過しすぎて芯に当たらないのもNGだ。

東京五輪で金メダルの期待のかかる松山英樹は、パッティングをする際、地面をトン、トンと何度か叩いた後テークバックに入る。これをやると、ヘッドを浮かせて打ちやすいので、試してみたい。

次にタッチがつかめない人には「目とボールの距離を10センチ近づける」という説がおすすめだ。濱部教授は「身長180センチと160センチの人を比べると、低い人のほうが12〜15%ボールが大きく見えます」というが、その効果は体をかがめた場合も同じ。また、ストローク半径も小さくなるため、再現性が増すという。

おすすめコンテンツ

現地直送! 国内女子ツアー撮れたてフォト
どこよりも早く! 女子プロの笑顔はライブフォトでチェック
2021年度JLPGAプロテスト各地区結果
2021年度の「JLPGAプロテスト」がスタート。第1次予選A地区の結果はコチラ。
男子ツアーLIVEフォトはコチラ
石川遼らが盛り上げる! 男子ツアーの熱戦をLIVEフォトでチェックしよう。
【初心者応援企画】1万円前後で買える中古ドライバー5選
ゴルフパートナーの店長が、1万円くらいで買えて、やさしく真っすぐ飛ばせる中古ドライバーを5本選んで紹介!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
チャンスは生かす! 増枠予選会からの挑戦
女子ツアー新たな制度「増枠予選会」を突破した選手が、そのチャンスを生かそうと懸命なプレーを見せている。
【ガーミン APPROACH S42】開封から試打ラウンドまで徹底的にチェック
ゴルフをプレイする人向けの機能がたっぷり詰まったスマートウォッチ
御殿場アウトレットのおすすめゴルフショップ13選!
御殿場アウトレットをランキング形式でご紹介!ゴルファーにとっての利便性の観点から評価していきたいと思います!
【迷っていたらコレをチェック】ゴルフシューズアドバイザーがオススメするシューズ5選!
快適でストレスの少ないラウンドをサポートしてくれるシューズはこちら。
見るべきゴルフ系YouTubeは
ゴルフの世界もYouTubeは必須の情報源。そこで人気ゴルフYouTubeチャンネル仕掛け人におすすめを聞いた。
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!