4連続ボギーを招いた痛恨の一打 渋野日向子は「すごく傷ついた」 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

4連続ボギーを招いた痛恨の一打 渋野日向子は「すごく傷ついた」

2021年07月17日16時22分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 野澤真央 -13
2 若林舞衣子 -12
3 イ・ミニョン -10
  大里桃子 -10
5 仲宗根澄香 -9
  稲見萌寧 -9
  石川明日香 -9
8 濱田茉優 -8
  渡邉彩香 -8
10 藤本麻子 -7

順位の続きを見る

痛恨の一打からリズムを崩した渋野日向子 復帰戦は予選落ちに終わった

痛恨の一打からリズムを崩した渋野日向子 復帰戦は予選落ちに終わった(撮影:村上航)

<GMOインターネット・レディース サマンサタバサグローバルカップ 2日目◇17日◇イーグルポイントゴルフクラブ(茨城県)◇6657ヤード・パー72>

国内復帰戦は最終日までプレーできずに姿を消すこととなった。46位タイから上位進出を狙った渋野日向子は、3バーディを奪うもボギーも6つと大荒れのゴルフで「75」。スコアを3つ落とし、トータル2オーバーの88位タイで予選落ちとなった。

仁王立ちシブコ【大会フォト】

インコースの1組目でまっさらなコースへと出て行った渋野は、11番パー5の3打目をピンに絡めてバーディを先行させる格好の展開。だが、15番のボギーを皮切りに4連続でスコアを落とすと、後半の1番、3番とバーディを奪うも最後まで流れに乗れず。「悔しい気持ちはあるが、練習するしかない」と悔しさをかみしめた。

流れが一変したのが15番パー5だった。ティショットをフェアウェイ、2打目もフェアウェイとここまでは狙い通り。だが、残り126ヤードの3打目、8番アイアンで抑え目に打ったショットは、右ピンに対してさらに右に行き崖の下へとこぼしてしまう。そこからフェースを開いてうまく浮かせたアプローチだったが、これが止まらず3メートルオーバーすると返しを決められず。バーディチャンスにつけるつもりが、まさかのボギーとなった一打は「自分がやっちゃいけないミスをして、そこから気持ちを切り替えることがなかなかできず引きずっていた」と大きく崩れる起因となってしまった。

抑え目のショットは昨日復習していたはずだった。「昨日から抑えのショットが右に出ていた。結果を気にして早く目を上に向けていました。それをラウンド後に練習しましたが、打ち上げの分もあって、またやってしまった」と警戒していた分、メンタルへの傷も大きかった。「一番やりたくないミスをしたので、すごく傷ついた―」。

ALBA Movies

おすすめコンテンツ

国内女子ツアー撮れたてフォト
どこよりも早く! 女子プロの笑顔はライブフォトでチェック!
女子ステップLIVEPHOTO実施中!
女子ステップも現地から写真を直送。レギュラーを目指す選手の戦いに注目!
ツアーパター情報局
プロの使用モデル最新情報や新製品スクープに売上ランキングまで、パターに関するNEWSは全てここに集約!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
あの感動がよみがえる!名勝負ものがたり
過去に繰り広げられた名勝負を再現。ALBA.Netにしかない秘蔵写真も満載!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!