小祝さくら&稲見萌寧も使っている! 女子プロ界に「アイアン上手」が増えた“軽量級”シャフトの存在 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内女子 > 記事

小祝さくら&稲見萌寧も使っている! 女子プロ界に「アイアン上手」が増えた“軽量級”シャフトの存在

2021年05月04日16時00分

今年好調の優勝者たちも軽量級シャフトを愛用 左から上田桃子、稲見萌寧、小祝さくら

 

今年好調の優勝者たちも軽量級シャフトを愛用 左から上田桃子、稲見萌寧、小祝さくら(撮影:佐々木啓)

今季の女子ツアーを牽引する稲見萌寧や小祝さくら。彼女たちに共通するのは、ツアー屈指の“アイアン上手”であることだ。抜群の切れを誇るアイアンショットを武器に、高いパーオン率を記録し、それが安定した強さにつながっている。

稲見萌寧はキックボクシングでもキレッキレ【写真】

実際、パーオン率のスタッツを見ていくと、3位の岡山絵里や9位の山下美夢有など、今年の優勝者たちが名前を連ねる。先週の「パナソニックオープンレディース」を制した上田桃子も、毎年パーオン率で上位につけるショット巧者。まさに、今の国内女子ツアーはアイアンの上手さが成績に直結するといっても過言ではない。

そこで興味深いデータを発見した。ゴルフ雑誌ALBA819号に掲載されている記事によると、ここ4年の間に、女子プロたちのパーオン率が爆上がりしているというのだ。現に、パーオン率のスタッツで70%を超える選手が、05年4人、15年6人という人数に対し、19年には30人にまで増えている。

なぜここまで急激に女子プロの“アイアン上手”が増えたのか? ギアコーチの筒康博氏はその要因の一つとして、アイアン用の“軽量級シャフト”の進化が挙げられると話す。

「今は、スチールでも、カーボンでも(シャフトの)剛性を下げずに軽量化することが可能になり、操作性・打感ともに優れたモデルが増えています。その上で、振り心地や球質を“選べる”ようになりました。多くの女子プロが自分に合った“軽量級”シャフトを採用し、パーオン率のスタッツを劇的に向上させていることが、性能の裏付けだと言えるでしょう」

おすすめコンテンツ

現地直送! 2021年国内女子ツアー撮れたてフォト
どこよりも早く! 女子プロの笑顔はライブフォトでチェック
ジャパンプレイヤーズチャンピオンシップ by サトウ食品 組み合わせ表
国内男子ツアーの新規大会! 組み合わせ&スタート時間はこちら。
ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ 組み合わせ表
2021年のメジャー初戦! 組み合わせ&スタート時間はこちらでチェック。
渋野日向子、河本結ら出場! 米女子ツアーのリーダーボード
「ホンダLPGAタイランド」が6日(木)に開幕! スコアはこちらでチェック!
チャンスは生かす! 増枠予選会からの挑戦
女子ツアー新たな制度「増枠予選会」を突破した選手が、そのチャンスを生かそうと懸命なプレーを見せている。
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
【2021年版】ゴルファー大調査アンケート結果
平均スコアやゴルフ上達法、人気のYouTubeまで…。アマチュアゴルファーの“今”を知る!
Dr.カタオカのゴルフ実験室
女子プロのクラブ調整を手がけてきたDr.カタオカが、自宅できるお手軽なゴルフクラブのお手入れ法を伝授。
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!