“苦闘の1年”その集大成はメジャーでの優勝争い 渋野日向子『価値ある』2020年を振り返る | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内女子 > 記事

“苦闘の1年”その集大成はメジャーでの優勝争い 渋野日向子『価値ある』2020年を振り返る

2020年12月23日07時00分

渋野日向子の2020年はメジャー大会での優勝争いで締めくくられた

 

渋野日向子の2020年はメジャー大会での優勝争いで締めくくられた(撮影:GettyImages)

「2019年よりも価値がある1年でしたね」

渋野日向子のバンカーショットを連続写真でおさめました

国内ツアーの年内最終戦「JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」。ここでの戦いを今年の自己最高位となる3位タイという成績で終えた渋野日向子は、1年を振り返りこう表現した。

渋野にとっての“2019年”は、言わずもがなメジャー大会の「全英AIG女子オープン」を制し、若干20歳にして「人生が変わる」ことを経験した1年だ。だが今年はそれ以上に『価値』があったとしみじみと語る。それは苦闘を乗り越えるなかで、「昨年までに“戻りたい”と思う気持ちから、新たに“作り上げる”という考えになることができた」からだ。

新型コロナウイルスの蔓延という“異常事態”が起こらなければ、今年は予選会を受け、米国女子ツアー参戦への足掛かりを作る1年になるはずだった。そこに向けオフには、ロブショットなどアプローチのバリエーションを増やすため、渋野いわく「99%」の時間を割いてきた。しかしその成果を見せるはずだった6月の国内開幕戦「アース・モンダミンカップ」で、つまずいた。

昨年までの渋野は、アプローチ時はひたすら58度を握り、基本に忠実といっていい寄せに終始していた。しかしここでは「試合でやっていかないと自信がつかない」と、練習を積んだ52度を多用。その結果「何個もボギー」を叩き、終わってみれば昨年4位だった大会で、予選落ちという苦汁をなめることになった。「ポジティブなものはなかった」。うつむきながら、こんな感想を口にした。

おすすめコンテンツ

松山英樹ら出場 WGCの最終結果
松山英樹、稲森佑貴が出場した「WGC-ワークデイ選手権アット・ザ・コンセッション」の最終結果。
畑岡奈紗ら出場 米女子ツアーの最終結果
米国女子ツアー「ゲインブリッジLPGA」に畑岡奈紗、野村敏京が出場した。最終結果はこちら。
小平智が出場 「プエルトリコ・オープン」最終結果
WGCの“裏大会”に小平智が出場! 最終結果はこちら。
【100切りレッスン】ドライバーのOBを防ぐ
100を切るにはつまらないダボを減らすこと。とにかくドライバーのOBを何とかしたい!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
【2021年版】ゴルファー大調査アンケート結果
平均スコアやゴルフ上達法、人気のYouTubeまで…。アマチュアゴルファーの“今”を知る!
見て楽しい着けて楽しい! プロたちのマスク七変化
中には“激レア”も!? 女子プロたちのマスク姿、写真で見せちゃいます。
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!