原英莉花をメジャー連勝へと導いた“闘争心” アスリートにとってのメンタルとは【記者の目】 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ

  • 期間:2020年11月26日-11月29日、
  • 場所:宮崎カントリークラブ(宮崎県)

原英莉花をメジャー連勝へと導いた“闘争心” アスリートにとってのメンタルとは【記者の目】

2020年12月01日12時00分

もともと原は、ナイスプレーをしたときには派手なガッツポーズを繰り出し、ミスが出たときには悔しさを素直に表現するタイプの選手。無観客が続いた今年も、グリーン上でその拳を力強く握る姿は変わらなかった。そうやって自らを鼓舞しているように。

またコロナ禍で大会中止が続いていた5月に行われたリモート会見では、試合がないことで改めて「私はゴルフが好きだけど、勝負、戦うことが好きなんだ」ということに気づいたとも話していた。試合中、赤いウェアを着ない原は、その理由について以前「闘争心が出すぎるから」と話していたが、“出すぎなければ”闘争心が勝利を目指すうえでの重要な原動力になっているようにも感じる。

これ以外にも今年の宮崎カントリークラブでは、アスリートのメンタルに関する話が印象深かった。渋野日向子は今年の自己最高位を更新する3位で大会を終えた後、「少し前よりもポジティブに考えることができるようになった。それで1打、2打は減らせるんだなと思えた」と不振脱却の理由を精神面に求めていた。米国ツアーに参戦し、こちらも苦しい時期を経験した河本結も、この1年を振り返り「アメリカで自分のキャパシティを超えることがたくさん起きた時のメンタルコントロールが下手だった。来年はそこを改善したい」と話した。

ショットへの不安を抱えていた原が、「開幕前に重点的に練習し、様々なバリエーションを頭にいれていた」ティフトン芝からのアプローチを巧みに寄せ、「これまでにあまり経験してこなかった」コーライグリーンでしびれるパーパットを何度も沈めて優勝へと進んでいく姿は“新境地”だった。そして日頃培ったその技術、ひいては実力を発揮するうえで不可欠となるプロアスリートの精神面も同時に垣間見ることができた4日間だった。(文・間宮輝憲)

おすすめコンテンツ

松山英樹ら出場 WGCのリーダーボード
世界トップクラスが集う「WGC-ワークデイ選手権アット・ザ・コンセッション」に松山英樹、稲森佑貴が出場。スコア速報をチェック!
畑岡奈紗ら出場 米女子ツアーのリーダーボード
米国女子ツアー「ゲインブリッジLPGA」に畑岡奈紗、野村敏京が出場。スコア速報をチェック!
小平智が出場 「プエルトリコ・オープン」リーダーボード
WGCの“裏大会”に小平智が出場! スコアはこちらでチェック!
【80切りレッスン】アイアンの状況別に備える
80を切るなら、アイアンのパーオン率を上げて、悪くてもパー、あわよくばバーディで上がりたい!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
【2021年版】ゴルファー大調査アンケート結果
平均スコアやゴルフ上達法、人気のYouTubeまで…。アマチュアゴルファーの“今”を知る!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
見て楽しい着けて楽しい! プロたちのマスク七変化
中には“激レア”も!? 女子プロたちのマスク姿、写真で見せちゃいます。
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!