“48インチなし”で400ヤード超え! デシャンボーはマスターズへ調整上々? | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 米国男子 > 記事

“48インチなし”で400ヤード超え! デシャンボーはマスターズへ調整上々?

2020年10月27日17時05分

キャリーで400ヤード超え! デシャンボーの調整は上々のようだ

 

キャリーで400ヤード超え! デシャンボーの調整は上々のようだ(撮影:GettyImages)

トップランカーたちが「ZOZOチャンピオンシップ」に参戦。2週後に迫ったマスターズに向けて準備を進めている。9月に「全米オープン」を制したブライソン・デシャンボー(米国)は4週間も試合に出場せず、さらなる飛距離を求めてテキサス州ダラスの自宅で格闘中だった。

松山英樹はどう飛ばす? スイング4選【動画】

先週、そのデシャンボーは「初めてキャリーで400ヤードを超えた!」とインスタグラムのストーリーに投稿した。

その数字は…、キャリーで403.1ヤード、ボールスピードは時速211マイル(339キロ)、スピン量は1957、ボールの滞空時間は8.2秒を示していた。しかもこの数字、「48インチのシャフトを使用していない」というのだから驚きだ。つまり、48インチにするとさらに飛距離が伸びる…、ということになる。

ちなみにプロは通常は44〜45インチを使用するが、飛距離合戦とも言える昨今はこの長尺はどうやらトレンド。

ZOZOチャンピオンシップでは、ディラン・フリッテリ(南アフリカ)が46インチのドライバーを使用。同じく47.5インチの長尺ドライバーを採用したフィル・ミケルソン(米国)は「今や選手たちはみな時速180マイルのボールスピード。ブライソンだけじゃなく、みな飛距離を伸ばしている」。このシャフトはもちろんオーガスタ向けのものだ。

おすすめコンテンツ

「JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」 組み合わせ&スタート時間
国内女子ツアー2020年最終戦「JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」の組み合わせはこちら。
石川遼らトッププロ参戦! 「ニトリ エキシビションゴルフ」の成績表
国内男子のツアー外競技「ニトリ エキシビションゴルフ」。成績表はこちらでチェック!
「JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」 撮れたてLIVEフォトはこちら
「JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」の撮れたてライブフォトはこちらでチェック。
ステップ・アップ・ツアーのLIVEフォトギャラリーはこちら!
2020年ステップ最終戦「カストロールレディース」のLIVEフォトギャラリーはこちら。
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!