石川遼、“新スタイル”ハマった 平均飛距離243ヤードでノーボギー「66」 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

ZOZOチャンピオンシップ@シャーウッド

  • 期間:2020年10月22日-10月25日、
  • 場所:シャーウッドCC(カリフォルニア州)

石川遼、“新スタイル”ハマった 平均飛距離243ヤードでノーボギー「66」

2020年10月24日11時40分

ボギーフリーで浮上した石川遼 コースマネジメントがこの日はハマった

ボギーフリーで浮上した石川遼 コースマネジメントがこの日はハマった(撮影:岩本芳弘)

ZOZOチャンピオンシップ 2日目◇23日◇シャーウッドCC(カリフォルニア州)◇7073ヤード・パー72>

石川遼の試みが実を結びつつある。初日こそ「73」と出遅れたが、この日は6バーディ・ノーボギーの「66」をマーク。首位とは9打差ながら、トータル5アンダー・48位タイに浮上して週末を迎える。

何が変わった? 石川遼の最新スイング【連続写真】

「(シャーウッドCC)敷地面積が少し狭い。今週はアイアン。セカンドショット以降で組み立てる、そういうゴルフが求められる」と考察していた石川。その言葉通り、初日からむやみにドライバーを握らず、グリーンまでの距離を“逆算”して挑んだが、それがこの日は“ハマった”。

「(バーディを奪ったパー5)13、16番は1メートルくらいにつけられた。(ティショットを)ドライバーで打って(3打目が)70ヤードに入るのと、5番ウッドで100ヤードに入るのと考えたら、自分の中で70ヤードの距離感はすごく難しい。5番ウッドで(残り)110とか、4番アイアンで140とか、そういうことも視野に入れながらマネジメントをしています」

2日目のドライビングディスタンスは“243ヤード”と、石川にしてみれば控え目な数字だ。ただし、パーオン率は77.78%と高水準。ストロークスゲインドパッティング(パットの総合指標)も2.991と高い数値を記録した。徹底したマネジメントが功を奏した。

おすすめコンテンツ

「JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」 組み合わせ&スタート時間
国内女子ツアー2020年最終戦「JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」の組み合わせはこちら。
石川遼らトッププロ参戦! 「ニトリ エキシビションゴルフ」の成績表
国内男子のツアー外競技「ニトリ エキシビションゴルフ」。成績表はこちらでチェック!
「JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」 撮れたてLIVEフォトはこちら
「JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」の撮れたてライブフォトはこちらでチェック。
ステップ・アップ・ツアーのLIVEフォトギャラリーはこちら!
2020年ステップ最終戦「カストロールレディース」のLIVEフォトギャラリーはこちら。
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!