適正距離で楽しむゴルフの魅力を伝えて【小川淳子の女子ツアーリポート“光と影”】 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内女子 > 記事

適正距離で楽しむゴルフの魅力を伝えて【小川淳子の女子ツアーリポート“光と影”】

2020年10月20日17時00分

適正距離のなかで行うゴルフの楽しさ

 

適正距離のなかで行うゴルフの楽しさ(撮影:GettyImages)

「なるほど。いつもこんな気分でプレーしている男性ゴルファーが多いのか」

あす開幕の男子下部ツアーに、この人気女子選手が出場…距離は男子と同じ

改めて、そう実感した。ワーケーション実証実験に参加した折、プレーしたサニーカントリークラブ(長野県)でのこと。ここには、黒、青、白、赤に加えてさらに短いサニーティというものが設定されている。18ホールで約1500ヤード短いセッティングだ。

ゴルフは、自分の飛距離に合ったティを選び、ハンディキャップをつけることで老若男女が一緒に楽しめる。それなのに、日本では黒はチャンピオン、青はバック、白がレギュラー、赤はレディースと呼ばれ、さらにシニア向けとしてゴールドティがあったりする。ティをプレーヤーが自由に選択するのではなく、知らないうちに押し付けられている場合が多い。

筆者のように飛距離のない場合、通常、赤(レディースと呼ばれることが多い)ティを使用するのだが、それでも、パー4のセカンドショットはほとんどウッドかユーティリティ。距離的に、それが当たり前だと感じていた。

ところが、18ホールの合計距離が4504ヤードのサニーティでプレーしてみると、セカンドショットの多くはショートアイアン。時には白ティからプレーしている男性をアウトドライブすることもあったほどだ。つまり、適正距離の適正なティを使っているということになる。そう、赤ティでさえ、適正ではないことがほとんどというわけだ。

おすすめコンテンツ

国内女子2020年最終戦 成績表はこちら
国内女子ツアー2020年最終戦「JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」。成績表はこちらでチェック!
JLPGA増枠QTファーストステージ A地区の成績表
2020-21年シーズンにおける“増枠”ぶんの出場者を決める予選会。そのファーストステージA地区の成績表をお届け!
「JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」 撮れたてLIVEフォトはこちら
「JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」の撮れたてライブフォトはこちらでチェック。
JLPGA増枠QTファーストステージ B地区の成績表
国内女子ツアーの2020-21年シーズンにおける“増枠”出場者を決める予選会。そのファーストステージB地区の成績表をお届け!
「JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」 組み合わせ&スタート時間
国内女子ツアー2020年最終戦「JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」の組み合わせはこちら。
石川遼らトッププロ参戦! 「ニトリ エキシビションゴルフ」の成績表
国内男子のツアー外競技「ニトリ エキシビションゴルフ」。成績表はこちらでチェック!
「いわさき白露シニア」リアルタイムスコア速報
「いわさき白露シニア」のスコアをリアルタイムで速報中。オジサンたちのアツい戦いを見逃すな!
ステップ・アップ・ツアーのLIVEフォトギャラリーはこちら!
2020年ステップ最終戦「カストロールレディース」のLIVEフォトギャラリーはこちら。
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!