アマが真似したい申ジエの“振らない”飛距離UP ロフト7.5度はさらなる飛躍の証【辻にぃ見聞】 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内女子 > 記事

アマが真似したい申ジエの“振らない”飛距離UP ロフト7.5度はさらなる飛躍の証【辻にぃ見聞】

2020年10月19日18時00分

“振らない”で飛ばす!それを実現したのは技術とクラブ

 

“振らない”で飛ばす!それを実現したのは技術とクラブ(撮影:米山聡明)

国内女子ツアー「富士通レディース」は申ジエ(韓国)の今季初優勝で幕を閉じた。初日から寒さと風、さらに2日目には強い雨が降り、カットラインはトータル6オーバーと例年以上に厳しい戦いに。一方で最終日は晴れ間が見えるコンディションと日ごとに全く異なる対応力が求められた3日間。なぜ、ジエは日本ツアー復帰3戦目というなかで厳しい戦いを制することができたのか。上田桃子らを指導しており、今大会では上田のキャディも務めた辻村明志コーチが解説する。

天才が描く芸術作品 申ジエのアプローチ【連続写真】

■今までで一番過酷な富士通 でも素晴らしいセッティング
優勝したジエが「今までで一番過酷な富士通」とした今大会。辻村氏も「例年とはまったく違う。難易度がかなり上がりました」と話しつつ「とても素晴らしいセッティング。やりがいがありました」と振り返る。

「寒さと雨風に加えて、ラフがとても長くティショットからの組み立てが求められる。さらにピン位置はかなり振られていました。だけど、いいショットをすればちゃんとチャンスになる、アンフェアな切り方はなかった。だから、力がある人が上に来ました。さらに元々総距離も長いですから、長いクラブの精度も求められましたね。加えてラフも場所によって長さが違う。練習ラウンドでしっかりと確認できる選手でなければ戦えませんでした」

トップ10に入った13人のうち、実に7人もが前週の「スタンレーレディス」でもトップ10に入っていた。「調子が良くなければピンのショートサイドに打っていけません。そのあたりの勢いや自信も求められましたね」と、今回のリーダーボードを振り返った。

■手術明けの申ジエが選択した“振らない”飛距離アップ
そんななか、優勝したのは前週12位タイのジエ。コロナ禍の影響で来日が遅れたブランクが、3試合目となり調子が上がってきたのも要因のひとつ。ただ、それ以上に元々のうまさがずば抜けていたと辻村氏は見ている。特にポイントに挙げたのは最終日の最初のバーディとなった8番ホールだ。

おすすめコンテンツ

現地直送! 国内女子21年初戦の撮れたてフォト
シブコ、ボミ、エリカ…。女子プロの笑顔をどこよりも早くお届け!
ダイキンオーキッドレディス 成績表はこちら
2021年の国内女子ツアー初戦! 成績表はこちらでチェック。
松山英樹が出場 米男子ツアーのリーダーボード
松山英樹が出場する「アーノルド・パーマー招待」が現地時間4日(木)に開幕。スコア速報はこちらでチェック!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
【2021年版】ゴルファー大調査アンケート結果
平均スコアやゴルフ上達法、人気のYouTubeまで…。アマチュアゴルファーの“今”を知る!
見て楽しい着けて楽しい! プロたちのマスク七変化
中には“激レア”も!? 女子プロたちのマスク姿、写真で見せちゃいます。
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!