10番ではUTで驚異のアプローチ! 畑岡奈紗はなぜ難しいメジャーで『64』が出せたのか? | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 米国女子 > 記事

LPGA日本オフィシャルサイト 米国女子
LPGA日本公式サイト

10番ではUTで驚異のアプローチ! 畑岡奈紗はなぜ難しいメジャーで『64』が出せたのか?

2020年10月13日12時00分

19年からコンビを組むキャディのグレッグ・ジョンストン氏は、かつてジュリ・インクスターやクリスティ・カーのキャディを務めた大ベテラン

 

19年からコンビを組むキャディのグレッグ・ジョンストン氏は、かつてジュリ・インクスターやクリスティ・カーのキャディを務めた大ベテラン(撮影:GettyImages)

先週行われた「KPMG全米女子プロゴルフ選手権」最終日に、畑岡奈紗は「64」と猛追し3位フィニッシュ。海外メジャー制覇の可能性を十分に感じさせるプレーを見せた。渋野日向子がトータル11オーバー、河本結がトータル9オーバーまでスコアを落とす難しいメジャーのセッティングで、畑岡がトータル7アンダーまでスコアを伸ばせた要因はどこにあるのか。この大会のTV解説を務めた石井忍に話を聞いた。

メジャー制覇に一番近い! 畑岡奈紗のドライバーショット【連続写真】

■ピンチの場面で、驚異のイマジネーションを発揮

石井は畑岡の印象的なプレーとして、最終日10番ホールの「ユーティリティでアプローチをした場面」を挙げる。10番は左手前に池がある398ヤードのパー4。ドライバーで打ったティショットをミスし、右の木に当たってツマ先下がりのラフに落ちるピンチを迎えた。

「ティショットでは左からの風を嫌がって体がめくれ、ボールが右に飛んでしまったんです。そこから左手前の池をケアしながら、グリーンの右サイドに低く打ち出して、グリーン右横に外しました」。3打目は砲台グリーンに対して、ボールからグリーンエッジまでの距離は7ヤードで畑岡の身長ほどはあるかという強烈な上り。グリーンに上がるとエッジからピンまで20ヤードほどはある状況だった。

「かなり難しいアプローチだったのに、ジャッジがすごく早かった。ティショットでミスした時点で、そこまで想像できていたのでしょう。アプローチの選択肢はいくつかあったと思うんですけど、畑岡選手が打つ前にシャドースイングをしたときの振り幅がすごく小さかったから、FWかUTで絶対に転がすなと思いました」

おすすめコンテンツ

渋野日向子が復帰! 樋口久子 三菱電機レディスの組み合わせ
渋野日向子が国内復帰! 「樋口久子 三菱電機レディス」の組み合わせはこちら。
「樋口久子 三菱電機レディス」 撮れたてLIVEフォトはこちら
渋野日向子が国内復帰! 「樋口久子 三菱電機レディス」の撮れたてライブフォトはこちらでチェック。
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!