米ツアー勝利数で韓国勢歴代3位タイに並んだキム・セヨン プレッシャーで目覚ましセット間違い乗り越え歓喜 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国女子 > 記事

LPGA日本オフィシャルサイト 米国女子
LPGA日本公式サイト

KPMG全米女子プロゴルフ選手権

  • 期間:2020年10月08日-10月11日、
  • 場所:アロニミンクGC(ペンシルベニア州)

米ツアー勝利数で韓国勢歴代3位タイに並んだキム・セヨン プレッシャーで目覚ましセット間違い乗り越え歓喜

2020年10月12日12時00分

今大会の優勝で米ツアー通算11勝目を挙げたキム・セヨン

今大会の優勝で米ツアー通算11勝目を挙げたキム・セヨン(撮影:GettyImages)

KPMG全米女子プロゴルフ選手権 最終日◇11日◇アロニミンクGC(ペンシルベニア州)◇6577ヤード・パー70>

韓国のキム・セヨンが、海外女子メジャー初制覇を果たした。4日間通算「266」ストローク、最終日に叩き出した「63」も大会最少。圧倒的な強さで、追いすがる母国の英雄、インビー・パークを5打差で振り切った。

日本ナンバー1 畑岡奈紗のドライバーショット【連続写真】

「一度もスコアボードを見なかった。インビーが上がって来るのは分かっていた。自分のプレーに集中して、自分のゲームプランしか考えていなかった」。ひと組前を回るメジャー通算7勝、米ツアー通算20勝のインビーの存在を頭から消し、ひたすらバーディを獲り続けた。終わってみればこの日のベストスコア。一度も3打差以内に踏み込ませず、メジャータイトルをたぐり寄せた。

セヨンといえば米ツアーの72ホール最多アンダーパー記録「31アンダー」を保持するほどの爆発力が魅力。一度バーディの波に乗ると止まらないのが強み。今大会でもまったく勢いを失うことなく最後まで駆け抜けたが、さすがに昨晩はプレッシャーに押しつぶされそうになったと明かした。

「なかなか寝つけなくて、今朝の目覚まし時計の時間を予定より30分遅くセットしていた」と、思わぬハプニングもあった。それだけメジャー制覇という重圧と戦っていた。2015年の米ツアーデビューから毎年勝利を重ねてきたが、これでやっとビッグタイトルを獲得。「長かった。ようやくメジャーで勝てた」と、心から喜びを噛みしめた。

おすすめコンテンツ

松山英樹、石川遼ら出場! 「ZOZOチャンピオンシップ」の最終結果
松山英樹、石川遼、金谷拓実ら日本勢8人が出場! 「ZOZOチャンピオンシップ」の最終結果はこちら。
米女子ツアーの最終結果
米国女子ツアー「LPGAドライブ・オン選手権-レイノルズ・レイク・オコニー」の最終結果はこちら。
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!