メジャー覇者の肩書は「捨てていい」 渋野日向子が海外遠征で感じた“強さ”への渇望 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国女子 > 記事

LPGA日本オフィシャルサイト 米国女子
LPGA日本公式サイト

KPMG全米女子プロゴルフ選手権

  • 期間:2020年10月08日-10月11日、
  • 場所:アロニミンクGC(ペンシルベニア州)

メジャー覇者の肩書は「捨てていい」 渋野日向子が海外遠征で感じた“強さ”への渇望

2020年10月12日06時00分

「終わり方としては良かったんじゃないかな」と遠征を締めくくった渋野日向子

「終わり方としては良かったんじゃないかな」と遠征を締めくくった渋野日向子(撮影:Yasuhiro JJ Tanabe)

KPMG全米女子プロゴルフ選手権 最終日◇11日◇アロニミンクGC(ペンシルベニア州)◇6577ヤード・パー70>

海外メジャー第3戦「KPMG全米女子プロゴルフ選手権」は全日程が終了。渋野日向子は3バーディ・3ボギーの「70」のパープレーで、トータル11オーバー・58位タイでフィニッシュ。これで、8月の「アバディーン・スタンダード・インベストメンツ・スコットランド女子オープン」から続いた遠征は一区切りとなる。

アメリカで激写!渋野日向子の「周りが見ても良くなったと分かる」最新スイング!【連続写真】

「前半はショットの調子が良くて、さらに8番では外のあんな難しいところからチップインするとは思っていなかった。そうやって前半で3バーディ獲れたのはすごく良かったけど、後半はなかなかチャンスで決めることができずに落としてしまった」と最終日の18ホールを振り返った渋野。すべてに満足することはできないが、「きょうは18ホール、1打1打悔いがないようにやったので、このコースをアンダーで回ることはできなかったけど、終わり方としては良かったんじゃないかなと思う」と合格点はつけた。

これで、英国で2試合、米国で4試合戦った海外転戦はひとまず終了し、日本へと帰国する。この遠征で一番感じたのは自分のレベル、そして強さへの渇望だった。

「今まで以上にこっち(米国)で戦いたいとすごく思わせてくれた。すべてに関して日本では経験できないなとすごく思った。レベルの高さを痛感したし、なかなかない優勝シーンを後ろから見るというのも経験できた。ああいう景色を見たいなと、後ろから思った。もっと強くなって、この場で戦いたいと思った」

おすすめコンテンツ

松山英樹、石川遼ら出場! 「ZOZOチャンピオンシップ」の最終結果
松山英樹、石川遼、金谷拓実ら日本勢8人が出場! 「ZOZOチャンピオンシップ」の最終結果はこちら。
米女子ツアーの最終結果
米国女子ツアー「LPGAドライブ・オン選手権-レイノルズ・レイク・オコニー」の最終結果はこちら。
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!