女子OPでも「メジャーということを忘れてました」 小祝さくらがマイペース貫き2位発進 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

日本女子オープンゴルフ選手権

  • 期間:2020年10月01日-10月04日、
  • 場所:ザ・クラシックゴルフ倶楽部(福岡県)

女子OPでも「メジャーということを忘れてました」 小祝さくらがマイペース貫き2位発進

2020年10月01日18時59分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 イ・ナリ -8
2 小祝さくら -6
3 上田桃子 -4
  原英莉花 -4
5 田中瑞希 -3
  高橋彩華 -3
  吉本ここね -3
  木下彩 -3
9 穴井詩 -2
  菊地絵理香 -2

順位の続きを見る

大物ルーキー・笹生優花(左)と回った小祝さくらだが、自分のペースは崩さなかった

大物ルーキー・笹生優花(左)と回った小祝さくらだが、自分のペースは崩さなかった(撮影:佐々木啓)

<日本女子オープン 初日◇1日◇ザ・クラシックゴルフ倶楽部(福岡県)◇6761ヤード・パー72>

ここまで好調が続く小祝さくらが、今季2戦目となるメジャー大会でも上位発進した。6バーディに加え、ボギーなしと完璧なラウンド。首位のイ・ナリ(韓国)とは2打差の6アンダー・単独2位につけた。

青空と小祝さくら 転ばないでね!【大会フォト】

午後組でスタートした初日。もはや“代名詞”ともいえる安定感抜群のゴルフでリーダーボードを駆け上がった。1番パー5で、グリーン左手前15ヤードからのアプローチを3mに寄せてバーディを奪うと、4番で4m、8番で5mのミドルパットを決め3アンダーまで伸ばした。後半に入っても11番でチップインバーディ。12、17番でもチャンスを決めて、貫禄の「66」をマークした。

「何ホールかボギーになりそうなところもありました」と、ティショットがグリーンを外れた13番パー3や、セカンドショットをひっかけた16番パー4などピンチも訪れたが、要所でしっかりとパーを拾った。「明日は朝も早いのでスタート前にしっかり調整します。きょうのことは忘れて、新たな気持ちでプレーしたい」。まだ初日が終わっただけとあって、この日のスコアは気にせず、明日も集中力を高めてラウンドに向かう。

予選ラウンドは、笹生優花、古江彩佳と今季優勝カップを掲げている選手が集まる注目組入り。圧倒的な飛距離を誇る笹生とは優勝を争った「ニトリレディス」最終日、前戦の「デサントレディース東海クラシック」2日目に続き、3度目の“直接対決”となった。スーパールーキーの迫力あるプレーにもすっかり慣れたのか、「初速というか当たった音がすごいので、彩佳ちゃんと『すごい音だね〜』と話していました」とのんびりとした口調が変わることはなかった。

おすすめコンテンツ

松山英樹、石川遼ら出場! 「ZOZOチャンピオンシップ」の最終結果
松山英樹、石川遼、金谷拓実ら日本勢8人が出場! 「ZOZOチャンピオンシップ」の最終結果はこちら。
米女子ツアーの最終結果
米国女子ツアー「LPGAドライブ・オン選手権-レイノルズ・レイク・オコニー」の最終結果はこちら。
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!