アダム・ロンが「64」をマークして単独首位で最終日へ 「明日もアクセルを踏み続けて毎ホールバーディを獲りにいく」 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

アダム・ロンが「64」をマークして単独首位で最終日へ 「明日もアクセルを踏み続けて毎ホールバーディを獲りにいく」

2020年09月27日07時45分

単独首位で最終日を迎えるアダム・ロン

単独首位で最終日を迎えるアダム・ロン(撮影:GettyImages)

<コラレス・プンタカナ リゾート&クラブ選手権 2020 3日目◇26日◇コラレスGC(ドミニカ共和国)◇7666ヤード・パー72>

ドミニカ共和国で行われている米国男子ツアー「コラレス・プンタカナ リゾート&クラブ選手権」の3日目のラウンドが終了。9アンダー・5位タイからスタートしたアダム・ロン(米国)が8バーディ・ボギーなしの「64」のラウンドで、トータル17アンダーまでスコアを伸ばし、単独首位に浮上した。

音アリで見てください 松山英樹の番手別スイング4連発【動画】

ロンはツアー1勝の33歳。前週の「全米オープン」ではトータル7オーバーで13位タイに入った。初優勝は19年の「デザートクラシック」。トータル26アンダーで優勝し、フィル・ミケルソン(米国)を1打差で振り切った。伸ばし合いを制した経験が自信となっている。「あのときは最終組でミケルソンと一緒に回って、とにかく肩の力を抜いて楽しむようにしました」と振り返る。

今大会の最終日も伸ばし合いが予想される。最終日最終組で迎えるロンは、「今日は素晴らしい景色を楽しんで回りました。明日もバーディがたくさん必要です。アクセルを踏み続けて毎ホールバーディが獲れるようにプレーしたい」と意気込みを語った。

ロンを2打差で追うのは2日目にトップに立っていたハドソン・スワフォード(米国)、さらに1打差でマッケンジー・ヒューズ(カナダ)が続く。中国人として米国男子ツアー初制覇がかかるザン・シンジュンも4打差の4位と優勝圏内にいる。最終日は誰がビッグスコアを出して抜け出すのか、目が離せない展開となってきた。

おすすめコンテンツ

渋野日向子が復帰! 樋口久子 三菱電機レディスの組み合わせ
渋野日向子が国内復帰! 「樋口久子 三菱電機レディス」の組み合わせはこちら。
「樋口久子 三菱電機レディス」 撮れたてLIVEフォトはこちら
渋野日向子が国内復帰! 「樋口久子 三菱電機レディス」の撮れたてライブフォトはこちらでチェック。
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!