68BPMのリズムに乗って 岸部桃子が2週連続V争いへ「やるべきことはひとつだけ」 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > ステップアップツアー > 記事

ステップアップツアーStepUp Tour

68BPMのリズムに乗って 岸部桃子が2週連続V争いへ「やるべきことはひとつだけ」

2020年09月24日18時28分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 岸部桃子 -7
2 植竹希望 -6
  岩橋里衣 -6
4 宮田成華 -5
  山本景子 -5
  沖せいら -5
  竹山佳林 -5
8 山田成美 -4
  松原由美 -4
10 佐久間綾女 -3

順位の続きを見る

気にするのはスイングリズムだけ 岸部桃子が4年ぶりVに挑む

気にするのはスイングリズムだけ 岸部桃子が4年ぶりVに挑む(撮影:岩本芳弘)

中国新聞ちゅーピーレディースカップ 2日目◇24日◇芸南カントリークラブ(広島県)◇6460ヤード・パー72>

首位と3打差の5位タイで2日目に入った岸部桃子が、6バーディ・1ボギーの「67」と好スコアをマーク。トータル7アンダーに伸ばし、単独トップに浮上した。明日の最終日を、2016年「九州みらい建設グループレディース」以来となるステップ・アップ・ツアー2勝目に最も近い位置で迎える。

相合傘(?)で仲良くピース!【大会ライブフォト】

同じ轍は踏みたくない。「リベンジを果たす」。こんな思いを胸に臨んだ広島の大会で、しっかりと優勝争いに食い込んだ。先週に行われた「ユピテル・静岡新聞SBSレディース」。ここでも2日目を終え単独首位に立っていたが、「緊張していたわけではないし、分かっていたのですがスイングリズムが速くなってしまった」と最後に「76」と崩れ、10位タイに終わった。

「自分のスイングリズムは、メトロノームでいうと68BPM。そのリズムが一番しっくりくる。先週の最終日は、スコアと同じで76BPMぐらいだったのかな」。苦笑いしながら、こう自分のプレーを分析。それを1週間で見事に修正してきた。「ショットはきのうの方が良かったけど、ミスしてもアプローチ、パターで凌ぐことができた」。さらにグリーンに乗せられなくても寄せワンで切り抜ける。そんな理想的なラウンドを続けられている。

2週続けての最終日最終組。「優勝は意識しますが、やるべきことはひとつだけです。今週こそは、優勝争いのなかで、68BPMのリズムを忘れません」。これで今度は「68」、あるいはそれ以上のスコアをカードに記すことができれば、優勝に大きく近づくことは間違いがない。そして4年ぶりのカップを手にすることができれば、先週味わった「悔しい思い」は決してムダなものではなくなる。

おすすめコンテンツ

松山英樹、石川遼ら出場! 「ZOZOチャンピオンシップ」の最終結果
松山英樹、石川遼、金谷拓実ら日本勢8人が出場! 「ZOZOチャンピオンシップ」の最終結果はこちら。
米女子ツアーの最終結果
米国女子ツアー「LPGAドライブ・オン選手権-レイノルズ・レイク・オコニー」の最終結果はこちら。
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!