難攻不落のウイングドフットGCをセットアップ マイク・デービス会長が退任発表 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 米国男子 > 記事

難攻不落のウイングドフットGCをセットアップ マイク・デービス会長が退任発表

2020年09月23日16時59分

現USGA(全部ゴルフ協会)のマイク・デービス会長

 

現USGA(全部ゴルフ協会)のマイク・デービス会長(撮影:GettyImages)

並み居るトッププロが深いラフと止まらないグリーンに泣かされた「全米オープン」。当初は「優勝スコアは8オーバー」とも言われたが、終わって見れば4日間通算でアンダーパーだったのはブライソン・デシャンボー、ただ一人だった。そんな全米オープンならではコースセッティングを手がけてきたは現USGA(全部ゴルフ協会)のマイク・デービス会長が現地時間22日、「21年いっぱいでUSGAを去る」と発表した。

難セッティングにタイガーもこの顔【写真】

退任後には「これまでどうしてもやりたかったこと」だというコースデザインビジネスに専念、設計家のトム・ファジオと“ファジオ&デービスゴルフデザイン”として活動していくという。

現在55歳のデービス会長がUSGAの一員となったのは1990年、05年には大会のルールディレクター、11年には全米オープンエグゼクティブディレクターとなり16年に同協会のCEOに就任した。

デービス会長は11年にディレクターとなった際に、夫人に年の3分の2も自宅を留守にする職であるディレクターは「10年でやめる」と約束。その期日ら来年の21年ということから退任を決めたという。

デービス会長が全米オープンのコースセッティングに関わるようになり、大きな変革がもたらされてきた。狭いフェアウェイ、深いラフ、硬いグリーンだけでなく、距離の短いパー4で選手の“リスク・リワード”を試す設定でホールの長さを変えることもデービス会長が始めたこと。その一方で16年のオークモントではダスティン・ジョンソンにペナルティーを保留したままプレー、18年のシネコックでも硬すぎるグリーンに大きな批判の声が上がったことも少なくない。

おすすめコンテンツ

松山英樹、石川遼ら出場! 「ZOZOチャンピオンシップ」の最終結果
松山英樹、石川遼、金谷拓実ら日本勢8人が出場! 「ZOZOチャンピオンシップ」の最終結果はこちら。
米女子ツアーの最終結果
米国女子ツアー「LPGAドライブ・オン選手権-レイノルズ・レイク・オコニー」の最終結果はこちら。
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!