“やる気なし”6パットにパター“叩きつけ” 全米OP3日目に棄権したダニー・リーが謝罪 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 米国男子 > 記事

“やる気なし”6パットにパター“叩きつけ” 全米OP3日目に棄権したダニー・リーが謝罪

2020年09月23日09時13分

ダニー・リーが不適切行為で謝罪

 

ダニー・リーが不適切行為で謝罪(撮影:GettyImages)

ブライソン・デシャンボー(米国)の優勝に終わった「全米オープン」だが、後味の悪い事件が起こっていた。大会3日目のホールアウト後に棄権していたダニー・リー(ニュージーランド)が、自身がグリーン上で取った行動に対しSNSで謝罪文をアップした。

松山英樹の1Wからアイアンまで スイング特集【動画】

過酷な戦いで予選を通過したリーは、第3ラウンド18番のグリーン上で1.2メートルのパーパットを残したが、これが2メートルオーバー。さらにこのボギーパットを50センチオーバーすると、今度はアドレスも取らずにこのダブルボギーパットを強打。これが2.5メートルオーバーすると、さらに次のパットもろくに構えずにヒット。結局この“やる気なし”パットが続き6パット。このホールを「9」とし、トータル13オーバーでホールアウトした。

さらにリーは、グリーンから下りる際にキャディバッグにパターを叩きつけ、パターを思い切りバッグに投げつけた。その後大会側に手首のケガを理由に棄権していた。

これに対しリーは、ツイッターで謝罪。

「僕がとったみにくい行為について謝罪する。プロらしくなかったし、愚かだった。ファンやスポンサーを傷つけた。フラストレーションが限界を超えて、ケガもあって1週間きつかったが、それはいいわけにしかならない。あのように去るべきではなかった。USGAにも謝罪したい。しばらく休んで自分がしたことを考え、人として成長したい」

おすすめコンテンツ

松山英樹、石川遼ら出場! 「ZOZOチャンピオンシップ」の最終結果
松山英樹、石川遼、金谷拓実ら日本勢8人が出場! 「ZOZOチャンピオンシップ」の最終結果はこちら。
米女子ツアーの最終結果
米国女子ツアー「LPGAドライブ・オン選手権-レイノルズ・レイク・オコニー」の最終結果はこちら。
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!