ジム・フューリクがペブルビーチでシニアデビュー2連勝 E・エルスは再びペブルで勝てず | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 米国男子 > 記事

ジム・フューリクがペブルビーチでシニアデビュー2連勝 E・エルスは再びペブルで勝てず

2020年09月22日16時52分

ジム・フューリクがシニアツアーでデビューから出場2大会連勝

 

ジム・フューリクがシニアツアーでデビューから出場2大会連勝(撮影:GettyImages)

ニューヨーク州で行われていた「全米オープン」。ウイングド・フットGCで並みいるトッププロたちが難攻不落のコースで佳境を迎えているころ、西海岸のペブルビーチ・ゴルフリンクスでシニアルーキーが熱い戦いを繰り広げていた。

松山英樹の1Wからアイアンまで スイング特集【動画】

PGAツアー・チャンピオンズの「ピュア・インシュランス選手権」(9月18〜20日)。1打リードの首位で最終日を迎えたのはアーニー・エルス(南アフリカ)。ファイナルラウンドを「65」で回ったジェリー・ケリー(米国)と「67」のジム・フューリクがトータル12アンダーで並びプレーオフに突入。エルスは「70」と伸ばしたが、一打及ばなかった。

18番で行われたプレーオフでフューリクがケリーを下し、8月のシニアデビュー戦、「ザ・アリー・チャレンジ」に続く2勝目を飾った。デビューから出場2大会で2連勝を達成したのはこれまでアーノルド・パーマー、ブルース・フライシャーの二人だけ。「パーマーと同じ記録に並ぶのは、こんなにうれしいことはない。ここ5年も勝っていなかったのに、勝利をすることは本当に気持ちいい」と喜んだ。

前週はPGAツアーの「セーフウェイ・クラシック」にも参戦。予選通過も果たし46位で終えているから、まだまだレギュラーツアーでも戦える。

一方のエルスは最終日を首位で迎えたが、18番パー5で1メートルのパーパットを外しボギー。プレーオフに加わることができなかった。「あのパットは…、読みを間違えた。一生懸命やったんだが、最終日は自分のスイングができなかった」と肩を落とした。

おすすめコンテンツ

「日本オープン」 最終結果
石川遼、金谷拓実ら出場! 「日本オープン」の最終結果はこちら。
「富士通レディース」 最終結果
国内女子ツアー「富士通レディース」。最終結果はこちらでチェック!
富士通レディースの組み合わせ
国内女子ツアーは「スタンレーレディス」。組み合わせはコチラから!
「富士通レディース」 撮れたてLIVEフォトはこちら
国内女子ツアー「富士通レディース」。現地から女子プロの戦いを生配信!
米国男子ツアーのリーダーボード
米国男子ツアー「ザ・CJカップ@シャドークリーク」のリーダーボードはこちら。
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!