巻き起こる論争 ブライソン・デシャンボーの勝利でゴルフの未来が変わる? | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 米国男子 > 記事

巻き起こる論争 ブライソン・デシャンボーの勝利でゴルフの未来が変わる?

2020年09月22日12時00分

理論派、科学者、肉体改造 デシャンボーの勝利がゴルフを変える?

 

理論派、科学者、肉体改造 デシャンボーの勝利がゴルフを変える?(撮影:GettyImages)

“ゴルフの革命”、“ゲームチェンジャー”…。ブライソン・デシャンボー(27歳・米国)の「全米オープン」優勝の翌日、米メディアにそんな見出しが大きく躍っていた。

松山英樹だって… パワーアップしたドライバースイング【動画】

狭いフェアウェイに深いラフ、超高速グリーンで難攻不落のウイングド・フットGCでただひとりのアンダーパーで勝利。「この勝利はゴルフの未来を変えることになるのだろうか?」と論争が始まった。

6月、新型コロナウイルス感染拡大で中断されたツアーが再開されたときに、デシャンボーはふた回り以上も大きくなって登場した。体重は10キロ近く増え、筋肉増量。ゴルフの科学者らしく食事制限からプロテイン摂取まで徹底的に管理、スイングスピード、ボールスピードも研究しつくしロフト角5.5度のドライバーの飛距離は380ヤード超えも当たり前。「これからゴルフの革命が起きる」と豪語し、7月には「ロケット・モーゲージ・クラシック」で勝利したが…、多くの人は信じなかった。

ところがこうしてメジャー制覇、しかも2位に6打差をつける圧勝。「これはゴルフの革命になるのかのしれない」と考えざるを得ないようだ。

「好むと好まざると、パワーゲームになっていくのは仕方ない現実」とザンダー・シャウフェレ(米国)。「デシャンボーがすごいのはドライバーの飛距離ではない。あの深いラフから打ち出すパワーがこの戦いを制した」と話す。

おすすめコンテンツ

松山英樹、石川遼ら出場! 「ZOZOチャンピオンシップ」の最終結果
松山英樹、石川遼、金谷拓実ら日本勢8人が出場! 「ZOZOチャンピオンシップ」の最終結果はこちら。
米女子ツアーの最終結果
米国女子ツアー「LPGAドライブ・オン選手権-レイノルズ・レイク・オコニー」の最終結果はこちら。
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!