古江彩佳、55HノーボギーVは新パター効果!? 「手元を10g重くしました」【勝者のギア】 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内女子 > 記事

古江彩佳、55HノーボギーVは新パター効果!? 「手元を10g重くしました」【勝者のギア】

2020年09月21日16時50分

新パターで55ホールノーボギー! 

 

新パターで55ホールノーボギー! (撮影:村上航)

デサントレディース東海クラシック 最終日◇20日◇新南愛知カントリークラブ 美浜コース(愛知県)◇6456ヤード・パー72>

互いにショット巧者で、“安定感”が持ち味のプレーヤー同士、最終日互いにノーボギーの一騎打ちとなった「デサントレディース東海クラシック」。東浩子とプレーオフまでもつれる激闘を制したのは、今大会55ホール・ノーボギーを達成した古江彩佳だった。

『ストロークラボTEN ショートサイトライン』は線が細め【画像】

勝負の舞台は18番。例年より左サイドの池寄りに切られたピンが名勝負を演出した。正規の54ホール目は互いにグリーン右に池を避けたが、古江が約18mを決めるミラクルパット。勝負は決したかに見えたが、ここで東が7mを入れ返す。優勝への重圧がお互いに増す中、迎えたプレーオフでは古江は吹っ切れていた。

「もうスコアは関係ない。いったもん勝ち、逃げたら負け」とサンデーバックナインで重圧から停滞した反省を活かす。そのメンタルが大会55ホール目にして「自分を褒めたい、完璧なショット」というPWの一打を生み、ボールはピンに当たり30cmにピタリ。攻めた古江が最高の結果を生んだのに対し、東は「攻め切れなかった」と右手前7mと、ピンにつけることができなかった。

その古江、今週から見た目の異なるオデッセイ『ストロークラボTEN ショートサイトライン』にパターを変更していた。以前のものと同型ヘッドだが、本人の好みでサイトラインが短いもの、そしてオデッセイ担当者の勧めもあり、手元側が10g重いものに替えた。

おすすめコンテンツ

渋野日向子が復帰! 樋口久子 三菱電機レディスの組み合わせ
渋野日向子が国内復帰! 「樋口久子 三菱電機レディス」の組み合わせはこちら。
「樋口久子 三菱電機レディス」 撮れたてLIVEフォトはこちら
渋野日向子が国内復帰! 「樋口久子 三菱電機レディス」の撮れたてライブフォトはこちらでチェック。
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!