川岸史果の最新クラブセッティング 新ドライバーで本来の自信と飛距離を取り戻した | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内女子 > 記事

川岸史果の最新クラブセッティング 新ドライバーで本来の自信と飛距離を取り戻した

2020年09月17日08時00分

「川岸良兼の娘といわれますが、(父が)川岸史果のお父さんと言われるようにしたい」

 

「川岸良兼の娘といわれますが、(父が)川岸史果のお父さんと言われるようにしたい」(撮影:GettyImages)

“怪物”といわれた父・川岸良兼譲りの圧倒的な飛距離を武器に、鮮烈なデビューを果たした川岸史果。16年にプロテストに合格し、17年に本格的にツアーフル参戦をすると、「マンシングウェアレディース東海クラシック」でツアー初優勝を飾る。その年の賞金ランキングは7位となったが、翌年から不振に陥りシードを逃してしまう。しかし昨年、ステップ・アップ・ツアーで優勝を果たし、復活の兆しが見えてきた。そんな川岸のクラブセッティングを見てみよう。

全員プロゴルファー! 川岸一家の3ショット【写真】

ドライバーの飛距離でギャラリーを魅了していた川岸が戻ってきた。マンシング-優勝時に使用していた『JPX』が破損してから「ドライバーに自信がなくなっていた」という。今シーズンからドライバーを『S200X』にして、再び自信を取り戻しつつある。川岸を担当しているミズノのクラフトマン、笠原一成氏に話を聞いた。

「川岸プロはJPXをかなり気に入っていたんです。元々クラブをすぐに替える選手ではなかったので、次のエースドライバー探しは苦労しました。今シーズンから使うST200XはJPXに近い感覚で打てるようです」

さらに笠原氏は「川岸プロはフェードヒッターなのでボールが滑っていくヘッドを嫌います。そうった意味ではST200Xはボールも上がりやすいですし、しっかりとつかまってフェードが打てているのが気に入ってもらっている要因でしょう。飛距離も出ています」と教えてくれた。3番ウッドでティショットを打っていた時期もあったが、『ST200X』に替えたことで本来の自信と飛距離を取り戻した。

■FWは1本のみ、3本のUTでグリーンを狙う
フェアウェイウッドが3W1本しか入っていない女子プロはまずいない。飛ばし屋といわれる穴井詩や葭葉ルミ、笹生優花も5Wを入れている。川岸の5Wの代わりとなるのは19度のユーティリティ。ユーティリティは3番、4番、5番と3本と入っているが、コースによっては5番アイアンを入れて2本にすることもある。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

ステップ・アップ・ツアーLIVEフォト実施中!
今週のステップは「中国新聞ちゅーピーレディースカップ」。熱戦の模様を写真で現場からお届け!
ステップ・アップ・ツアー今季第3戦 成績表はこちら
ステップ・アップ・ツアー今季第3戦「中国新聞ちゅーピーレディースカップ」の成績表はこちら。
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!