石川遼の一歩が“高校の夏”を笑顔に 「ゴルフ界にいる人間として、何かできないかと思った」 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内男子 > 記事

石川遼の一歩が“高校の夏”を笑顔に 「ゴルフ界にいる人間として、何かできないかと思った」

2020年08月26日07時30分

石川は高校生たちのプレーを見守り「緊張感が自分までバンバン伝わってきた」(大会事務局提供)

 

石川は高校生たちのプレーを見守り「緊張感が自分までバンバン伝わってきた」(大会事務局提供)

石川遼主催の全国から選抜された高校生の大会、「The “One” Junior Golf Tournament」が24、25日に横浜カントリークラブで行われた。この大会は、この夏に行われるはずだった「全国高等学校ゴルフ選手権」や「日本ジュニア」が新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期や中止となり、「高校最終学年のゴルファー、及びトップジュニアが活躍できる舞台をわずかでも創出したい」という石川の思いから実施にこぎ着けたもの。2日間36ホールストロークプレーで予選カットはなかった。

「腕を使わずに足で地面を蹴る」 石川遼が目指すスイングはどこが変わった?

出場したのは、高校1年生から3年生までの男女83名。予選はなく、高校生のみの日本アマチュアランキング及び全国高等学校ゴルフ選手権大会の成績を参考にトップジュニアたちが選出され、大会要項が送られた。トップジュニアたちにとってみれば、高校野球と同じように各地区で代替大会はあったものの、石川主催大会がこの夏行われた唯一の全国大会となった。

国内男子ツアーも開幕できない苦しい状況の中で、ジュニア大会開催に石川を突き動かしたものは何だったのか?「自分の中で高校3年生は“オトナ”がすぐそこまで来ている感覚。その岐路に立っている。ですが今年は中止にせざるを得ないジュニアの大会がたくさんありました。大学だったり、これから進路を決めていく中で、どうしてもゴルフの成績が考慮、判断されます。ゴルフ界にいる人間として、何かできないかと思った」。

高校3年生といえば、石川自身はツアーで年間4勝を挙げて初めて賞金王を獲得した年でもある。大きく飛躍した自分と今の高校生たちを重ね合わせる。「1年1年上手くなる年代なので、『今の自分を見てほしい』、『知ってほしい』という気持ちがあると思う。特にジュニアはこれからのスポーツ界をしょって立つ存在。本当に自分に何かできないかと思って、最初は1人で走り出したんです」。

ただ「やりたい」と声を上げただけではない。これまでに下部ツアーの「石川遼 everyone PROJECT Challenge」や、ジュニア大会の「石川遼インビテーショナル ジャパンジュニアマスターズ」などを主催、運営をしてきた実績があった。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

ステップ・アップ・ツアーLIVEフォト実施中!
今週のステップは「中国新聞ちゅーピーレディースカップ」。熱戦の模様を写真で現場からお届け!
ステップ・アップ・ツアー今季第3戦 成績表はこちら
ステップ・アップ・ツアー今季第3戦「中国新聞ちゅーピーレディースカップ」の成績表はこちら。
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!