軽井沢でも優勝争いなるか? 西郷真央は「下手だと思っていた」パット開眼で好発進 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

NEC軽井沢72ゴルフトーナメント

  • 期間:2020年08月14日-08月16日、
  • 場所:軽井沢72ゴルフ 北コース(長野県)

軽井沢でも優勝争いなるか? 西郷真央は「下手だと思っていた」パット開眼で好発進

2020年08月14日19時41分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 笹生優花 -7
2 前田陽子 -5
  青木瀬令奈 -5
  工藤遥加 -5
5 サイ・ペイイン -4
  宮里美香 -4
  川岸史果 -4
  永峰咲希 -4
  永井花奈 -4
  安田彩乃 -4

順位の続きを見る

軽井沢でも優勝争いなるか?西郷真央が好スタートを切った

軽井沢でも優勝争いなるか?西郷真央が好スタートを切った(撮影:米山聡明)

NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 初日◇14日◇軽井沢72ゴルフ 北コース(長野県)◇6710ヤード・パー72>

プロデビュー戦となった6月の「アース・モンダミンカップ」で優勝争いを繰り広げた西郷真央が、軽井沢でも4アンダー・5位タイと好スタートを切った。

涼し気? 西郷真央の横顔【大会ライブフォト】

中断期間中に発症した、背中の肉離れが完全には癒えないなかで迎えたプロ2戦目。「本当はもう少しキレを出して振りたいけど、無理をすると背中が悪化する。軽く振っていても芯を捉えたら距離も出るので、振りすぎないように気をつけてプレーしました」。力を抑え込みながらのラウンドだったが、きっちりと結果につなげるのはさすがだ。

この好スコアの要因はパッティングにあった。前半を1アンダーで折り返すと、10番パー4で10mを沈めて、この日3つ目のバーディを奪った。さらに12番、17番の2つのパー3でも5mと決してやさしくはない距離を沈めてスコアを伸ばす。「長年課題だったパットがようやく自分のものになりつつある。打つまでのルーティンや、ストロークのイメージを今年に入ってからここまで変えずにできているので、それはいいポイントですね」。また師匠のジャンボこと尾崎将司からのアドバイスなども生かし、この技術を向上させている。

「大会に出始めた小学生の時からパットは苦手。下手だと思っていました」と、グリーン上でのプレーを明確な弱点として認識していた。ルーティンに関しては、試合ごとに変える時期もあった。それが今年に入って固定化に成功。「色々なことを試してようやく自分に合うものが見つかりました」。こうしてイメージよく、アドレスに入ることができている。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

ステップ・アップ・ツアーLIVEフォト実施中!
今週のステップは「中国新聞ちゅーピーレディースカップ」。熱戦の模様を写真で現場からお届け!
ステップ・アップ・ツアー今季第3戦 成績表はこちら
ステップ・アップ・ツアー今季第3戦「中国新聞ちゅーピーレディースカップ」の成績表はこちら。
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!