「ピンチが多すぎて」松山英樹は寄せワン9回 しぶとく耐えて首位と5打差 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

全米プロゴルフ選手権

  • 期間:2020年08月06日-08月09日、
  • 場所:TPC ハーディング・パーク(カリフォルニア州)

「ピンチが多すぎて」松山英樹は寄せワン9回 しぶとく耐えて首位と5打差

2020年08月09日11時19分

松山英樹は首位と5打差で最終日へ

松山英樹は首位と5打差で最終日へ(撮影:GettyImages)

全米プロゴルフ選手権 3日目◇7日◇TPC ハーディング・パーク(米国カリフォルニア州)◇7234ヤード・パー70>

首位との5打差を詰め切れずに3日目を終えた松山英樹。3バーディ・2ボギーの「69」と1つスコアを伸ばすにとどまり、トータル4アンダー・18位タイで最終日に入る。

松山英樹の1Wからアイアンまで スイング特集【動画】

ガマンの多い1日となった。この日のパーオンは7ホールのみで、グリーン周りから寄せてパーを拾うシーンが目立った。中盤までは「久々に良かったので、ティショット、セカンドに負担がかからずできた」という絶妙なアプローチ、バンカーショットでパーを拾いまくった。

耐えに耐え、10番までに2バーディ。この時点で首位と2打差まで詰め寄ったが、終盤にさしかかろうというあたりから、ティショットがラフにつかまり始めた。

13番パー4ではラフを渡り歩き、パーパットは3.5メートル。これがカップに蹴られスコアを落とすと、続く14番パー4でもティショットをラフに入れ、3打目のアプローチもミス。「ピンチが多すぎて拾えないところもあった」と、連続ボギーでスタート時の3アンダーに後戻りした。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

ステップ・アップ・ツアーLIVEフォト実施中!
今週のステップは「中国新聞ちゅーピーレディースカップ」。熱戦の模様を写真で現場からお届け!
「デサントレディース東海クラシック」の大会フォトギャラリー
現地から直送! 国内女子ツアー「デサントレディース東海クラシック」のLIVEフォトギャラリー。
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!