タイガー・ウッズのパターが“長尺化” 年齢に合わせた一工夫「以前のようには…」 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

全米プロゴルフ選手権

  • 期間:2020年08月06日-08月09日、
  • 場所:TPC ハーディング・パーク(カリフォルニア州)

タイガー・ウッズのパターが“長尺化” 年齢に合わせた一工夫「以前のようには…」

2020年08月07日15時00分

タイガー・ウッズがパターに一工夫を施し上々のスタートを切った

タイガー・ウッズがパターに一工夫を施し上々のスタートを切った(撮影:GettyImages)

全米プロゴルフ選手権 初日◇6日◇TPC ハーディング・パーク(米国カリフォルニア州)◇7234ヤード・パー70>

タイガー・ウッズ(米国)は5バーディ・3ボギーの「68」を記録し、首位と3打差の2アンダー・20位タイで第1ラウンドを終えた。今年初めて開かれた海外メジャーの初日は、44歳になったスーパースターが試行錯誤する姿も垣間見える1日となった。

タイガー・ウッズ、かつてのパターストローク連続写真

グリーン上で握った新兵器が仕事をした。序盤はスタートの10番で2m、さらに13番では10mをねじ込んでバーディが2つ先行する展開となった。だが14番でラフ、バンカーと渡り歩きボギーを喫すると、折り返し前の18番では6mのパーパットが残るピンチが訪れた。それでも、ここで気合のパーセーブ。「ああいうキーとなるパーパットを沈められると勢いを失わない。ティショットを左に曲げてしまったけど、あそこをパーにできたのは大きかった」と、これが勝負を左右する一打になった。

この日ウッズが握ったパターは、これまでに比べシャフトを少し長くしたもの。「ここ数年、パターが良くないことが多かった。以前のように何時間も(腰をかがめて)パッティングの練習をすることができなくなった。僕の背中はもうそれには耐えられない」。数々のタイトルを手にしてきた男も、かつてと同じような準備はできなくなっている。それを補うための工夫だった。

「チャンピオンズツアー(シニア)の選手たちの多くが、年を取るにつれて長いパターを使っている。それは前傾することなく打てるほうが楽だから。だから、この新しいパターは少し長くして、これまでよりもパットの練習もできるようになった。この大会への準備もしっかりできたよ」。年齢を重ねることによって生じる体の変化に合わせながら、最善の方法を模索する姿は今も変わらない。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

ステップ・アップ・ツアーLIVEフォト実施中!
今週のステップは「中国新聞ちゅーピーレディースカップ」。熱戦の模様を写真で現場からお届け!
ステップ・アップ・ツアー今季第3戦 成績表はこちら
ステップ・アップ・ツアー今季第3戦「中国新聞ちゅーピーレディースカップ」の成績表はこちら。
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!