驚異の世界記録“58”!遼、歴史的大逆転V! | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

中日クラウンズ

  • 期間:2010年04月29日-05月02日、
  • 場所:名古屋ゴルフ倶楽部 和合コース(愛知県)

驚異の世界記録“58”!遼、歴史的大逆転V!

2010年05月02日19時25分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 石川遼 -13
2 藤田寛之 -8
  P・シーハン -8
4 K・バーンズ -7
5 岩田寛 -6
  梁津萬 -6
  上井邦裕 -6
8 平塚哲二 -5
  今野康晴 -5
  丸山茂樹 -5

順位の続きを見る

6打差逆転V!

6打差逆転V!(撮影:岩本芳弘)

中日クラウンズ 最終日>◇2日◇名古屋ゴルフ倶楽部 和合コース(6,545ヤード・パー70)

 国内男子ツアー「中日クラウンズ」の最終日。6打差18位タイからスタートした石川遼が、歴史的な大逆転優勝を飾った。いつもの勝負服に身を包んで登場した石川は1番、2番と連続バーディを奪うと、ここまで苦しんでいた4番でもバーディを奪う最高のスタート。5番でもバーディを奪って迎えた6番では、セカンドでグリーンを外すもアプローチを直接放り込みチップインバーディ。「あのチップインで何かが変わりました」ここで3日間苦しんだ18歳のスイッチが入った。

大逆転優勝を「石川遼1打速報」で振り返る

 中盤立て続けに8番から11番まで4連続バーディを奪取。難関の14番ではグリーン外から約10メートルをパターで放り込み2つ目のチップイン、さらに15番パー5、16番では1オン狙いのティショットがバンカーにつかまったものの、そこからきっちり寄せてバーディ。最終18番のバーディチャンスは逃したが、たった1日で圧巻の12バーディを奪取。驚異の“58”を叩きだし、2位に5ストロークの大差がつけて優勝をもぎ取った。

 この“58”は世界6大ツアー(米、欧、豪、アジア、南アフリカ、日本)を見渡しても最小ストロークの新記録。米ツアーではデビッド・デュバル(米国)、日本ツアーでは倉本昌弘が“59”ストロークを記録していたがこれを18歳7か月にして更新。昨年の世界最年少賞金王に続く大偉業を達成した。

 15,904人のギャラリーがクギ付けとなる異次元のゴルフ。バーディはチップインの6番、14番以外はすべて2メートル以内のチャンスを決めたもの。「いつもより5ヤードくらいは伸びていた」というドライバーで攻め、短いクラブでピンを狙う。石川の鉄板ともいえる攻めがこの日は面白いようにはまった。しかし、ヒートアップするギャラリーを横目にプレーをする石川はいたって平常心だった。「特別なショットもホールもない。ただ18ホールの1つだという気持ちでプレーしていました」何個バーディを獲っても、次のホールのティショットを打つ時にはすでに冷静な自分でいる。この理想的な精神状態が石川を新たな領域へ導いた。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!