23年ぶりの“月曜決戦”、プレーしてみてどうでした? 異例づくしの開幕戦を終え選手たちが思ったこと | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内女子 > 記事

23年ぶりの“月曜決戦”、プレーしてみてどうでした? 異例づくしの開幕戦を終え選手たちが思ったこと

2020年07月01日07時00分

番組収録に臨んだ左から淺井咲希、小祝さくら、勝みなみ、松田鈴英の同期4人組

 

番組収録に臨んだ左から淺井咲希、小祝さくら、勝みなみ、松田鈴英の同期4人組(撮影:福田文平)

BSフジの番組『ゴルフチャレンジアスリート』の収録が、6月30日(火)に千葉県内のコースで行われた。ここに松田鈴英、勝みなみ、小祝さくら、淺井咲希の4人が参加。2017年プロテスト合格組の同期4人が、ホールごとにかけられた賞金や商品を奪い合うスキンズマッチで楽しい時間を過ごした。

今週の月曜日は“復活優勝”の日に 印象的なこのラストシーン【大会フォトギャラリー】

前日まで今季女子ツアー開幕戦の「アース・モンダミンカップ」を戦っていた選手たち。本来であれば試合は日曜日に終わっているため、この収録には中1日空けて臨めるはずだった。しかし、その大会は荒天の影響で1997年の「日本女子オープン」以来、23年ぶり(1988年のツアー制度施行後)に最終ラウンドが月曜日へと持ち越された。4人にとって前回は生まれる前の話という、珍しいできごと。そこで、この異例の事態にどのような心境で向かったのかを聞いてみると、“四者四様”の答えが返ってきた。

まず、松田にとっては“恵みの雨”だった。「久しぶりの試合すぎて、すごく疲れを感じていました。なので(日曜日に)休養できたのはよかった。こう言っている選手はけっこう多かったです」。一方で月曜決戦に万全で臨んだものの「気が抜けた」と答えたのは勝だ。「いつも大会中は、『日曜日まで気を張ろう』って思っているので、しんどかったですね」と、こちらは思わぬ“水入り”と感じたようだ。

淺井は「ギャラリーが入ってない時点で、普段よりは緊張感も少なく感じて、あまり疲れはなかったです。日曜日も一瞬で終わりました。月曜日だけど『最終ラウンド』という気しかしなかった」と、特にいつもと変りなく一日を送ることができた様子。小祝からは「何も思わなかったですね。いつも通りでした」と、マイペースの“小祝らしい”答えが返ってきた。

開幕自体も4カ月近く遅れたうえ、コロナ対策のため無観客での実施や、会場に入れる関係者の数を例年の3分の1程度まで減らすなど、雰囲気自体もいつもとは大きく異なっただけに違いを感じる部分は多い。そんななか特に女子プロたちが盛り上がったのが、インターネット中継の話題になった時だった。

おすすめコンテンツ

松山英樹、石川遼ら出場! 「ZOZOチャンピオンシップ」のスタート時間
松山英樹、石川遼、金谷拓実ら日本勢8人が出場! 「ZOZOチャンピオンシップ」のスタート時間一覧はこちら。
「富士通レディース」 撮れたてLIVEフォトはこちら
国内女子ツアー「富士通レディース」。現地から女子プロの戦いを生配信!
米国男子ツアーのリーダーボード
米国男子ツアー「ザ・CJカップ@シャドークリーク」のリーダーボードはこちら。
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!