いきなり活躍の18歳、西郷真央の最新クラブセッティング 求めたのは「ドライバーの飛距離」と「長いパー3の攻略」 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内女子 > 記事

いきなり活躍の18歳、西郷真央の最新クラブセッティング 求めたのは「ドライバーの飛距離」と「長いパー3の攻略」

2020年06月30日17時41分

ドライバーの飛距離と、アイアンのキレが西郷の持ち味

 

ドライバーの飛距離と、アイアンのキレが西郷の持ち味(撮影:GettyImages/JLPGA提供)

昨年、プロテストに合格した女子高生プロが3人いた。その中の1人が「アース・モンダミンカップ」で優勝争いを繰り広げた西郷真央だ。2019年には「日本女子アマ」を制した実力者。その年のQTランキングで10位に入り、今シーズン前半戦の出場権を獲得した。また、原英莉花とともにジャンボ尾崎の愛弟子として知られている。そんな西郷のクラブセッティングを見てみよう。

飛ばしの要素てんこ盛り! 西郷真央のドライバースイング【連続写真】

ゴルフを始めたときからミズノを使っていた西郷は、ミズノとクラブ用品契約を交わした。ドライバーは原英莉花と同じ『ST200X』が入っている。契約発表のときに西郷は、「ヘッドが大きくて安心感がある。芯に当たったときの打感がやわらかくて、すごく好きな感覚です。しかも、打球が安定するようになった。飛距離は10ヤードほど伸びて、平均で250ヤードくらい飛んでいます」と話している。

西郷を担当しているミズノのクラフトマン、笠原一成氏は「プロになって初めてのオフでしたが、しっかりと自分の意見を伝えてくれました。1つはドライバーの飛距離が欲しいということ。『ST200X』を打ったら、すぐに気に入ってもらえました」と振り返る。

■得意のアイアンはアマチュア時代から変更なし

西郷が「一番得意」と語るのはアイアン。そのアイアンには昨年から『ミズノプロ719』を使用している。シャフトは『NS850(S)』。「西郷プロのアイアンショットは上手いです。新しいアイアンもテストしましたが、いま自信を持っているものを替えるのはやめたほうがいいだろうと。話し合って継続して使ってもらっています」と笠原氏はいう。女子の選手で5番アイアンから入っているのは珍しい。アイアンが得意という西郷ならではだ。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

松山英樹が出場! 「ロケット・モーゲージ・クラシック」のリーダーボード
米国男子ツアー再開4戦目「ロケット・モーゲージ・クラシック」のリーダーボードはこちら!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
春に着たかった! 女子プロ勝負ウエアコレクション
「これを着てプレーしたかった!」という、お気に入りの“勝負ウェア”をコメントとともに披露!
あなたの上達手伝います プロキャディからの助け舟
一番近くでプロゴルファーのプレーを見ているプロキャディに、アマチュアゴルファーのスコアアップにつながる“アドバイス”を聞いた!
【レッスンコミック】宮里道場を期間限定で公開中!
ステイホーム中はレッスンコミックでうまくなりましょう。期間限定で宮里道場を公開中!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!