河本結は今年の米ツアーデビュー戦からドライバーを変更 「飛距離が8ヤード伸びました」 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 米国女子 > 記事

LPGA日本オフィシャルサイト 米国女子
LPGA日本公式サイト

河本結は今年の米ツアーデビュー戦からドライバーを変更 「飛距離が8ヤード伸びました」

2020年06月04日08時01分

河本結の2020年最新クラブセッティングを紹介(写真:相田克己)

 

河本結の2020年最新クラブセッティングを紹介(写真:相田克己)

昨年の「アクサレディス」でツアー初優勝を挙げ、ブレイクを果たした河本結。スタッツを見ても、パーオン率(72.58%で12位)、ドライビングディスタンス(247.69ヤードで13位)ともに上位で、ショット力の高さがうかがえる。そして昨年末には、米女子ツアー出場権を得るための予選会(QT)に挑戦して、9位で見事突破。今年は中断されるまでの米女子ツアー3試合に出場して賞金ランク30位につけている。米女子ツアーにYouTubeと、どんどん活躍の場を広げている河本のセッティングを見てみよう。

ドライバーを『マーベリックマックス』に変更して飛距離もマックスに!【写真】

今季1月の米女子ツアーデビュー時点では、ドライバーは『エピックフラッシュ』がバッグに入っていた。現在はツアー中断後にテストした『マーベリックマックス』に替わっている。なかなかクラブを替えないという河本に話を聞いてみた。

「私は元々フェード系ですけど、(昨年まで使用していた)ローグだとドローを打てなかった。マーベリックにしたらドローとフェードを打ち分けやすくなりました。しかも平均飛距離が8ヤードほど伸びて、255ヤードを超えるときもあるのは大きい。ミスヒットに強く、当たり所に関係なく初速が速いから安心して振っていけます」。

河本が使う『マックス』は、マーベリックシリーズの中でもヘッドが一番大きく見えるタイプ。なぜ『マックス』を選んだのか。キャロウェイのツアーレップを務める中島淳氏が答えてくれた。

「河本プロはフェード系なので、つかまらずに右に滑っていくヘッドを嫌がるんです。『マックス』はしっかりとつかまってくれて、出球が安定するので気に入っていました。また、他のモデルに比べシャローフェースで、上から見たときの投影面積大きですから、構えたときに安心感があると言ってくれています。昨年までは『ローグ』を使っていましたから、似ている感じがあると思います。本来シーズン中にはあまりクラブを替えないプロですが、こういった状況でテストできる時間ができたのは良かったですね」。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

松山英樹が出場! 「ロケット・モーゲージ・クラシック」のリーダーボード
米国男子ツアー再開4戦目「ロケット・モーゲージ・クラシック」のリーダーボードはこちら!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
春に着たかった! 女子プロ勝負ウエアコレクション
「これを着てプレーしたかった!」という、お気に入りの“勝負ウェア”をコメントとともに披露!
あなたの上達手伝います プロキャディからの助け舟
一番近くでプロゴルファーのプレーを見ているプロキャディに、アマチュアゴルファーのスコアアップにつながる“アドバイス”を聞いた!
【レッスンコミック】宮里道場を期間限定で公開中!
ステイホーム中はレッスンコミックでうまくなりましょう。期間限定で宮里道場を公開中!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!