渋野日向子はパワーアップしてシャフトを一新! さらに分厚い当たりに | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内女子 > 記事

渋野日向子はパワーアップしてシャフトを一新! さらに分厚い当たりに

2020年05月26日07時30分

今オフにパワーアップしてドライバーからウェッジまでシャフトを一新した

 

今オフにパワーアップしてドライバーからウェッジまでシャフトを一新した

渋野日向子は昨年、日本人として海外メジャーに42年ぶりの優勝という快挙を成し遂げ、代名詞となったその笑顔で女子ツアーを大いに盛り上げた。人気も実力も兼ね備えた黄金世代の代表選手となった渋野だが、女子ツアーに本格参戦したのは昨年のこと。ルーキーイヤーにして国内女子ツアー年間4勝、賞金ランキング2位に入る活躍は驚異的だった。オフに体がひとまわり大きくなってパワーアップした渋野のクラブセッティングを見てみよう。

そろそろ今年の試合で見たい! 渋野日向子のドライバーショット【動画】

ウッド3本、ユーティリティ2本、アイアンは5番からという構成は女子では珍しくないが、シャフトが女子離れしたハードなスペックに見える。ドライバーのヘッドは『G410 PLUS』、シャフトは女子ツアーで人気の先が動くタイプではなく、手元が動く『VENTUS』。やさしいヘッドとハードなシャフトの組み合わせとなっている。

■『VENTUS』は自然にタメが作れて厚く当たる

ピンのツアー担当は「昨年の6月に低スピンヘッドの『LST』を試したこともありましたが、渋野プロは元々バックスピン量が多い選手ではないので、ボールの曲がり具合や安定性などを考慮した結果、より慣性モーメントが大きく安定性が高い『PLUS』を選びました。シャフトを昨年まで『EVO VI』のSRから『VENTUS』のSに替えた理由は、体力がついて、よりシャープに振れるようになったこともありますが、タイミングが取りやすいというのが一番です」。『EVO VI』は微妙にタイミングのズレが生じ、自分で合わせにいくときがあったが、『VENTUS』はそういった小細工をせずに振れるので、しっくりきているようだ。

シャフトを提供するフジクラのツアー担当、貞包(さだかね)聡介氏は「昨年に比べスイングスピードが速くなっていて、『EVO VI』ではしなり戻りが速く、ヘッドがインパクトでめくれて、薄く当たっている感じがしました。なので、手元がしなり、しなり戻りが速くない『VENTUS』が合うのではないかと思いテストしてもらいました。すると、自然とタメを作れて当たりが厚くなりました。渋野プロからも「タイミングが良くなって、振りやすくなった」と言っていただきました。先が走らない分、インパクトで力が要りますが、まったく問題ありませんでした」と話してくれた。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

松山英樹が出場! 「ロケット・モーゲージ・クラシック」のリーダーボード
米国男子ツアー再開4戦目「ロケット・モーゲージ・クラシック」のリーダーボードはこちら!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
春に着たかった! 女子プロ勝負ウエアコレクション
「これを着てプレーしたかった!」という、お気に入りの“勝負ウェア”をコメントとともに披露!
あなたの上達手伝います プロキャディからの助け舟
一番近くでプロゴルファーのプレーを見ているプロキャディに、アマチュアゴルファーのスコアアップにつながる“アドバイス”を聞いた!
【レッスンコミック】宮里道場を期間限定で公開中!
ステイホーム中はレッスンコミックでうまくなりましょう。期間限定で宮里道場を公開中!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!