鈴木愛が落としもので肝を冷やした!? 1年前の全米で何が起きた?【現場記者の“こぼれ話”】 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内女子 > 記事

鈴木愛が落としもので肝を冷やした!? 1年前の全米で何が起きた?【現場記者の“こぼれ話”】

2020年06月07日09時00分

現地でも大好きな子どもたちに優しく接していた鈴木愛、このあと悲劇が…

 

現地でも大好きな子どもたちに優しく接していた鈴木愛、このあと悲劇が…(撮影:ALBA)

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、国内だけでなく世界各国で中止が余儀なくされているゴルフトーナメント。なかなか試合の臨場感を伝えることができない状況が続いています。そんな状況のなか、少しでもツアーに思いを馳せてもらおうとツアー取材担当が見た選手の意外な素顔や強さの秘訣、思い出の取材などを紹介。今回は1年前の「全米女子オープン」でのできごと。

鈴木愛の料理姿 つくっているのは…【動画】

今週は海外女子メジャーの「全米女子オープン」が行われる予定でした。大会は新型コロナウイルスの影響で12月という異例の冬開催へと変更になりましたが、1年前の大会は取材する者にとっては厳しい酷暑の中でのものでした。

サウスカロライナ州のチャールストンという場所で行われた大会は、連日最高気温が35度越え。コースは河川敷のようにフラットな形状で、日陰もほとんどなく体感気温は40度を超えていました。練習日には、選手の皆さんも早朝から練習ラウンドを行い、昼にはコースを後にするという状態。私は月曜日からコース入りしましたが、経費をケチってカメラマンを呼ばなかったため、重いカメラを2台持ち、倒れそうになりながら日本人選手を追いかけていました。

毎年何試合か取材に行きますが、海外メジャーというのは独特の場だと思っています。世界最高峰の戦いに日本人選手が挑むということもあり、選手、関係者、そして我々報道陣のあいだに、どこかチームのような雰囲気が生まれます。私が勝手に思っているだけかもしれませんが、日本の大会で取材に入るときと違って、困ったときには助けあうといった一種の一体感が醸成されると感じています。

昨年大会ではいろいろな出来事が起こり、そのたびに記者(兼カメラマン)の立場を越えた仕事をすることになりました。日本でも注目度が高い大会であると同時に、現地のメディアや大会主催のUSGA(全米ゴルフ協会)も日本人選手には注目していました。そんな日本人選手の声を聞こうと、大会関係者や海外メディアがインタビューを試みますが、私が英語を話せることを知っている大会広報や日本人選手から、通訳をお願いされることがよくあります。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

松山英樹が出場! 「ロケット・モーゲージ・クラシック」のリーダーボード
米国男子ツアー再開4戦目「ロケット・モーゲージ・クラシック」のリーダーボードはこちら!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
春に着たかった! 女子プロ勝負ウエアコレクション
「これを着てプレーしたかった!」という、お気に入りの“勝負ウェア”をコメントとともに披露!
あなたの上達手伝います プロキャディからの助け舟
一番近くでプロゴルファーのプレーを見ているプロキャディに、アマチュアゴルファーのスコアアップにつながる“アドバイス”を聞いた!
【レッスンコミック】宮里道場を期間限定で公開中!
ステイホーム中はレッスンコミックでうまくなりましょう。期間限定で宮里道場を公開中!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!