PGAツアーとコーンフェリー・ツアーの選手がチーム戦を開催 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 米国男子 > 記事

PGAツアーとコーンフェリー・ツアーの選手がチーム戦を開催

2020年06月04日17時00分

デイビス・ラブIII(写真)らが出場を予定

 

デイビス・ラブIII(写真)らが出場を予定(撮影:GettyImages)

PGAツアーと、下部のコーンフェリー・ツアーの再開を来週に控えるなか、両ツアーの選手がペアを組んでチーム戦を行うというユニークな大会が開催される。場所はジョージア州にあるシーアイランドリゾートで、毎年秋に「RSMクラシック」が行われるコースに2つのツアーメンバーが集結する。

小さなマキロイがあれほど飛ばせる理由【解説付き連続写真】

大会は5日(金)に36ホールの競技がスタート。チームはPGA、コーンフェリーが各1名ずつで組み、20チームが出場する。ベストボール方式(各ホールでいい方のスコアをカウントする方式)を採用し、チーム・個人の両方で競い合う。

すでに同コースにはデイビス・ラブIII(米国)をはじめ、多くのPGAツアー、コーンフェリー・ツアーのプロが集まり調整をしている。翌週のコーンフェリー・ツアーの再開が、車でわずか2時間足らずのTPCソーグラス(ダイズ・バレーコース)ということもあり、「試合に復帰する選手たちにとって、精神面で助けになればと大会を思いついた。選手やエージェントらと話したらすぐに話しがまとまった」と同コースのディレクター、ブランネン・ビール氏は開催までの経緯を説明する。

コロナウイルス感染防止のため、ボランティアのオフィシャルが各組についてバンカーならしとピンを操作。ここでラブIIIをはじめ、ハリス・イングリッシュ、パットン・キザイア、ブライアン・ハーマン(いずれも米国)らがプレーする。ツアー再開を目前に控えた選手らにとって、本格調整に最適な戦いになりそうだ。(文・武川玲子=米国在住)

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

松山英樹が出場! 「ロケット・モーゲージ・クラシック」のリーダーボード
米国男子ツアー再開4戦目「ロケット・モーゲージ・クラシック」のリーダーボードはこちら!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
春に着たかった! 女子プロ勝負ウエアコレクション
「これを着てプレーしたかった!」という、お気に入りの“勝負ウェア”をコメントとともに披露!
あなたの上達手伝います プロキャディからの助け舟
一番近くでプロゴルファーのプレーを見ているプロキャディに、アマチュアゴルファーのスコアアップにつながる“アドバイス”を聞いた!
【レッスンコミック】宮里道場を期間限定で公開中!
ステイホーム中はレッスンコミックでうまくなりましょう。期間限定で宮里道場を公開中!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!