テキサス州規制緩和でも… 米男子ツアー再開初戦は無観客試合を続行 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

チャールズ・シュワブ・チャレンジ

  • 期間:2020年06月11日-06月14日、
  • 場所:コロニアルCC(テキサス州)

テキサス州規制緩和でも… 米男子ツアー再開初戦は無観客試合を続行

2020年05月30日17時00分

例年大いににぎわうコロニアルCCだが…(撮影:GettyImages)

テキサス州は28日、アボット州知事が屋外スポーツイベントに観客動員を開始すると発表。ただし安全のため従来の25%の収容とするとした。

体が小さくても飛ばす! マキロイのスイングを連続写真でチェック

米PGAツアーの再開初戦となる「チャールズ・シュワブチャレンジ」は6月11日にテキサス州フォートワースのコロニアルCCで開幕するが、このテキサス州の規制緩和を受けても「PGAツアーは選手や大会に関わる人、地域の人々の安全を第一に考えて、無観客試合のままとする」と方針を変えないと発表した。

再開から4試合は“無観客試合”とされているが、5試合目から観客を入れるかどうかは未定。5試合目の「ジョン・ディア・クラシック」(7月9〜12日・イリノイ州)は中止となったが、代替えとなる新トーナメントを現在調整中だ。

米PGAツアーの本部があるTPCソーグラスでの開催が有力とされていたが、オハイオ州コロンバス、ミシガン州デトロイトでの開催を検討していると米ゴルフチャンネルなどが伝えている。前週はミシガン州で「ロケット・モーゲージ・クラシック」、翌週はオハイオ州で「メモリアル・トーナメント」が開催されるため、どちらかの開催となれば、同地域での連戦となり選手らの移動の負担が軽減されることが狙い。ただしオハイオ州では観客を入れてのスポーツイベントの規制は解かれていない。(文・武川玲子=米国在住)

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

松山英樹が出場! 「ロケット・モーゲージ・クラシック」のリーダーボード
米国男子ツアー再開4戦目「ロケット・モーゲージ・クラシック」のリーダーボードはこちら!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
春に着たかった! 女子プロ勝負ウエアコレクション
「これを着てプレーしたかった!」という、お気に入りの“勝負ウェア”をコメントとともに披露!
あなたの上達手伝います プロキャディからの助け舟
一番近くでプロゴルファーのプレーを見ているプロキャディに、アマチュアゴルファーのスコアアップにつながる“アドバイス”を聞いた!
【レッスンコミック】宮里道場を期間限定で公開中!
ステイホーム中はレッスンコミックでうまくなりましょう。期間限定で宮里道場を公開中!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!