石川遼のエースキャディがアマチュアにもおすすめ ツアープロも実践するパット練習“基本のき”【プロキャディからの助け舟】 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内男子 > 記事

石川遼のエースキャディがアマチュアにもおすすめ ツアープロも実践するパット練習“基本のき”【プロキャディからの助け舟】

2020年05月29日15時00分

石川遼と米ツアーを転戦していた佐藤賢和キャディ(右)

 

石川遼と米ツアーを転戦していた佐藤賢和キャディ(右)(撮影:GettyImages)

トーナメント会場にいる関係者のなかで、一番近くでプロゴルファーのプレーを見ているのがプロキャディ。そして唯一ラウンド中にプロにアドバイスを送れる存在でもある。そんなプロキャディだからこそ、我々アマチュアゴルファーのスコアアップにつながる“アドバイス”を知っているのではないか。今回は、昨年12月に石川遼のシーズン3勝目を支えた佐藤賢和キャディ。

■苦手を消してポジティブに プロアマ共通事項がスコアアップにつながる

片山晋呉、石川遼、上田桃子、有村智恵、イ・ボミ(韓国)、テレサ・ルー(台湾)といった、超一流選手のバッグを担いできた佐藤キャディ。東北福祉大ゴルフ部出身で同期には宮里優作、岩田寛のトッププロに加え、同じキャディの道に進み、長く松山英樹のエースキャディを務めた進藤大典氏も。佐藤キャディも最初はツアープロを目指したが、現在は黒子の存在として選手を支えている。そんなトップ選手を見てきて思うことは、危機管理が徹底していることだという。

スコアなど気にせず、ただひたすらドライバーで飛ばしたいと思うのもゴルフの楽しみ方の一つだが、ほとんどのゴルファーはスコアアップを目指しているはず。「私のアドバイスで『100を切ることができた』などということが難しいのは承知の上で申し上げますが、一つ大事なのは、リスクマネジメントだと思います」と佐藤キャディ。

簡単にいえば、「自分の苦手分野、例えば池越えが苦手、ティショットのOBが多いなど、ウィークポイントを明らかにしておくことです。ドライバーを抜くことがあってもいいでしょうし、とにかく自分の力量以上のことをしないことではないでしょうか」。上原彩子は飛距離が出なくとも米ツアーでも通用するが、「上原プロはマネジメントが徹底しているからこその選手。上田プロもそうですし、あとはやっぱり片山プロ。とにかく言った通りに打つ技術があるので、失敗したときはこちらの言ったことが間違っていたということです」。あらためてマネジメントを見直すことが大事だということだ。

そんな佐藤キャディは、コースマネジメントについてプロと話すときに注意する点があるという。「プロはネガティブワードを嫌う傾向があるので、私がプロに話すときは『ここがダメ、あそこがダメ』ではなく、『あそこがいいんじゃないですか?』という言い方をするようにしています」。苦手分野を把握して、それを消し、ポジティブな発想でコースに向かう。プロアマ問わず、危険回避策がスコアアップにつながる。

おすすめコンテンツ

松山英樹、石川遼ら出場! 「ZOZOチャンピオンシップ」のスタート時間
松山英樹、石川遼、金谷拓実ら日本勢8人が出場! 「ZOZOチャンピオンシップ」のスタート時間一覧はこちら。
「富士通レディース」 撮れたてLIVEフォトはこちら
国内女子ツアー「富士通レディース」。現地から女子プロの戦いを生配信!
米国男子ツアーのリーダーボード
米国男子ツアー「ザ・CJカップ@シャドークリーク」のリーダーボードはこちら。
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!