アップライトなスイングで「60切り」を2回達成! 50歳ジム・フューリクのさらなる挑戦【PGAツアー公式コラム】 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 米国男子 > 記事

アップライトなスイングで「60切り」を2回達成! 50歳ジム・フューリクのさらなる挑戦【PGAツアー公式コラム】

2020年05月30日07時00分

2019年「バルスパーチャンピオンシップ」第2ラウンド ジム・フューリク(Photo by Cliff Hawkins/Getty Images)

 

2019年「バルスパーチャンピオンシップ」第2ラウンド ジム・フューリク(Photo by Cliff Hawkins/Getty Images)

自宅から約30分のところに、ゴルフ殿堂博物館がある。彼は長いキャリアの中で、この博物館を2度訪れた。

全盛期のニクラスは現代のトレンドに近かった【レジェンドのスイング回顧録】

1度目は友人のフィル・ミケルソンが殿堂入りした2012年。2度目は4年後の「トラベラーズ選手権」で「58」という記録を打ち立て、当時着用していたハットなどを寄附するためだった。3度目も必ずやってくる。通算17勝を達成し、「60」を切るスコアを2度もたたきだした彼が、そこに名を連ねるのは確実だ。

「考えたことはある。メディアからよく聞かれるからね」と、ジム・フューリクは笑いながら答えた。そでもすぐに、真顔で続けた。「良いプレーを続けてかなえば栄誉なことだ」。これまでキャリアの中で思い返すのは、優勝よりもミスについてだった。

「若いころは立ち止まる時間はなかった。優勝したときでさえ興奮は一時的で、すぐに次の試合に向いていた。でも、年を取るにつれて勝利へのありがたみが増してきたかな」

5月12日には50歳を迎え、シニアの出場権を得たが……。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

松山英樹が出場! 「ロケット・モーゲージ・クラシック」のリーダーボード
米国男子ツアー再開4戦目「ロケット・モーゲージ・クラシック」のリーダーボードはこちら!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
春に着たかった! 女子プロ勝負ウエアコレクション
「これを着てプレーしたかった!」という、お気に入りの“勝負ウェア”をコメントとともに披露!
あなたの上達手伝います プロキャディからの助け舟
一番近くでプロゴルファーのプレーを見ているプロキャディに、アマチュアゴルファーのスコアアップにつながる“アドバイス”を聞いた!
【レッスンコミック】宮里道場を期間限定で公開中!
ステイホーム中はレッスンコミックでうまくなりましょう。期間限定で宮里道場を公開中!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!