松山英樹がトップで止まる理由は2つ 「タイガーの真似」と「球筋の打ち分け」 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 米国男子 > 記事

松山英樹がトップで止まる理由は2つ 「タイガーの真似」と「球筋の打ち分け」

2020年03月28日09時00分

今はトップで止まって見える時間が短くなった

 

今はトップで止まって見える時間が短くなった(撮影:岩本芳弘)

松山英樹のスイングといえば、トップで一瞬止まるような“間”が特徴的だった。でも今のスイングを動画で見てみると、かなり間が少なくなってきたように見える。その理由について松山がゴルフ誌ALBAの取材に答えた。

切り返しがスムーズになった松山英樹のアイアンショット【スイング動画】

「昔は(今と)スイングが全然違いました。ドローなら左肩を残してフェースをターンしていた。フェードは左肩をさらに残して、遅れてくる分シャフトが立ってきて、それを利用するとボールが右に切れていく。そうやって左肩の残し具合で打ち分けていたときが、一番ボールを自在に操れていたんです。でも左肩を残そうとして、どんどん体が動かなくなってトップで止まるようになりました」

理由はそれだけではない。タイガー・ウッズ(米国)の存在もトップで止まる原因だったという。

「もともとタイガーみたいなグーッと沈み込む感じのスイングが好きで、真似しようとしていたらトップで止まるようになっちゃった。イメージはスムーズにいっているつもりだけど、映像見たら止まってるやんって」

理想のショットを追求していく過程で松山の考え方も変わってきた。トップの“間”が少なくなったように見えるのはそのためだ。「今も左肩を残すイメージはあるけど、残しすぎると力が逃げるので、もっと早くタイミングを取るようになりました」

おすすめコンテンツ

松山英樹ら出場 WGCのリーダーボード
世界トップクラスが集う「WGC-ワークデイ選手権アット・ザ・コンセッション」に松山英樹、稲森佑貴が出場。スコア速報をチェック!
畑岡奈紗ら出場 米女子ツアーのリーダーボード
米国女子ツアー「ゲインブリッジLPGA」に畑岡奈紗、野村敏京が出場。スコア速報をチェック!
小平智が出場 「プエルトリコ・オープン」リーダーボード
WGCの“裏大会”に小平智が出場! スコアはこちらでチェック!
【100切りレッスン】ドライバーのOBを防ぐ
100を切るにはつまらないダボを減らすこと。とにかくドライバーのOBを何とかしたい!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
【2021年版】ゴルファー大調査アンケート結果
平均スコアやゴルフ上達法、人気のYouTubeまで…。アマチュアゴルファーの“今”を知る!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
見て楽しい着けて楽しい! プロたちのマスク七変化
中には“激レア”も!? 女子プロたちのマスク姿、写真で見せちゃいます。
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!