渋野日向子、鈴木愛、申ジエ… 3人が引っ張った2019年【森口祐子がうらなう2020国内女子ツアー】 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内女子 > 記事

渋野日向子、鈴木愛、申ジエ… 3人が引っ張った2019年【森口祐子がうらなう2020国内女子ツアー】

2020年02月26日18時42分

昨年に白熱の女王争いを演じた3人 左から渋野日向子、鈴木愛、申ジエ

 

昨年に白熱の女王争いを演じた3人 左から渋野日向子、鈴木愛、申ジエ(撮影:岩本芳弘)

開幕が間近に迫ってきた2020年の国内女子ツアー。昨年は渋野日向子の大ブレイクなど多くの話題を提供してくれた。今季も東京五輪の代表争いをはじめ熱戦多数となること必至。そこで、永久シード保持者でツアー41勝の森口祐子が新シーズンを熱く語る。今回は2019年シーズンの振り返り。し烈な賞金女王争いを演じた鈴木愛、渋野、申ジエ(韓国)をそれぞれどう見たのか。

投票でNO.1が決定! 「ドレス選手権」開催中【写真】

■渋野日向子の大ブレイク

−昨シーズンはどんな1年でしたか?
皆さんが思われているように、まずは渋野さんの活躍ですよね。日米合わせて5勝という素晴らしい成績を残しました。最初に優勝した「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」のときは、少し“ツキ”もあり(2位になったペ・ソンウと)明暗を分けたかなぁ〜?と思っていたんです。

−2カ月後に早くも2勝目を挙げます
その「資生堂 アネッサ レディス」は解説をさせてもらっていたのですが、4打差を追いかける15番で距離もあり複雑なラインを入れてバーディを奪ったんです。そのときに同じく解説をしていた村口史子さんが「持っていますね〜、彼女は!」と感想を述べていました。その時に、この「持っています」という言葉に、ただツキがいいとかじゃなくて、何かすごい“広がり”をしそうだなと感じ、なんとなく、本当に直感なんですけど「このコメントすごいな…」とワクワクしました。

−その1カ月後には…
そうしたら「全英AIG女子オープン」で勝ちました。勢いというのもあるだろうけれども、自分のプレーをやり切り勝ちっぷりも素晴らしく圧巻でした。個性の塊が集まる女子プロのなかでも、魅力的なスター選手。また、まだ可能性を秘めていると感じますし、前向きで明るいコメントとプレーぶりはとても素晴らしいです。一緒の時代にいて、すごくうれしいです。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!