「うまく修正できた…いい傾向」 松山英樹が終盤の2バーディで8位好発進 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

WGC-メキシコ選手権

  • 期間:2020年02月20日-02月23日、
  • 場所:クラブ・デ・ゴルフ・チャプルテペック(メキシコ)

「うまく修正できた…いい傾向」 松山英樹が終盤の2バーディで8位好発進

2020年02月21日10時42分

松山英樹が好調を維持し好発進を決めた

松山英樹が好調を維持し好発進を決めた(撮影:GettyImages)

WGC-メキシコ選手権 初日◇20日◇クラブ・デ・ゴルフ・チャプルテペック(メキシコ)◇7355ヤード・パー71>

先週の「ジェネシス招待」を5位で終え、上り調子のなか訪れたメキシコで、松山英樹が2アンダーの8位タイと好発進。特にこの日の18ホールでは“修正力”が光った。

お風呂でできる!石川遼がインパクトの強化方法を実演【写真】

スタートホールの1番。303ヤードと短いパー4でワンオンに成功すると、3mからきっちり2パットでバーディを奪った。しかし、そこから足踏みの時間が続く。「ショットが途中からブレ始めて何でかな」と、なかなかしっくりこず、11番までパーを並べた。12番のパー4ではラフ、バンカー、ラフと渡り歩き、スコアをイーブンパーに戻してしまうボギーを喫した。

それでも「最後の方にはうまく修正できたので良かったと思う」。セカンドショットをグリーン左ラフに入れてしまった15番では、アプローチからの4mのバーディパットをねじ込み再びアンダーパーに。さらに最終18番では、フェアウェイから残り131ヤードのセカンドを52度のウェッジで60センチにつけてバーディ締めとした。

「前半からあまりいい感覚がなかった。アイアンは良かったけど、ドライバーにつられてアイアンも悪くなっていた」とティショットからリズムをつかめず、ラウンドが進行する一日。それでも「14番あたりから、いいショットが出始めたので、そこはすごく救い。やっていることが大きく変わったとかはない。少し気をつけるだけでいいショットが出始めているので、いい傾向かなと思う」と、モヤモヤを明日に持ち越すことなく、ホールアウトを迎えることができた。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!