全39試合出場の皆勤賞は3人 鈴木愛は25試合出場で7勝【まるごと女子ツアー:19年試合数&ラウンド数】 | ALBA.Netのゴルフニュース

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内女子 > 記事

全39試合出場の皆勤賞は3人 鈴木愛は25試合出場で7勝【まるごと女子ツアー:19年試合数&ラウンド数】

2020年02月15日08時00分

穴井詩(前列右)と小祝さくら(後列右)は昨年の皆勤賞

 

穴井詩(前列右)と小祝さくら(後列右)は昨年の皆勤賞(撮影:GettyImages)

国内女子ツアー開幕まで3週間。今年も「ダイキンオーキッドレディス」から37試合が行われる。通年の出場権を持つ賞金シード選手は50人。さらに前半戦の出場権を持つ選手は昨年の賞金ランキング51〜55位の選手やステップ・アップ・ツアーの賞金ランキング1、2位など。そのほか、QT上位者も前半戦出場権を保持。そんなツアーの主力選手94人のデータをとことんチェック。2019年の試合数とラウンド数を見てみると…。

鈴木愛の試合前パット練習【動画】

2019年は全39試合が行われた。出場資格が限られる公式戦や米国女子ツアーの「TOTOジャパンクラシック」なども含まれるため、全試合出場は誰もができるわけではない。また、3月上旬から11月末まで休みなく出続けるということになるが、昨年はなんと3人が皆勤賞だった。

3勤1休や5勤1休といったスケジュールを組み、ほどよく休みを入れるのが当たり前になってきている中で、全39試合に出場したのは穴井詩、小祝さくら、淺井咲希の3人。試合が終わった翌月曜日はトレーニングや移動などもあり、かなりのハードスケジュール。鉄人3人は今季もこの記録を伸ばすのか。

次いで多いのが38試合の出場。高橋彩華、青木瀬令奈、大里桃子、葭葉ルミの4人は惜しくも1試合足りなかったが、こちらもほぼ休みなし。青木、大里、葭葉は最終戦出場こそ逃したが、「大王製紙エリエールレディスオープン」まで38週連続での出場だった。

出場試合数に比例するのが合計ラウンド数だが、昨年最も多かったのが穴井。121.5ラウンドで唯一120ラウンドを超えた。次いで小祝の119.5ラウンド、淺井の113.5ラウンドと、トップ3は皆勤賞の3人だった。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

石川・小平らが出場 「ザ・ホンダ・クラシック」速報
石川遼、小平智らが出場する「ザ・ホンダ・クラシック」の速報はこちら
川村が出場! 「オマーンオープン」速報
川村昌弘らが出場する欧州ツアー「オマーンオープン」の速報はこちら
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!