ショートパットに苦しみ19位後退も 河本結が感じた成長「イライラすることなく切り替えられた」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国女子 > 記事

LPGA日本オフィシャルサイト 米国女子
LPGA日本公式サイト

ショートパットに苦しみ19位後退も 河本結が感じた成長「イライラすることなく切り替えられた」

2020年01月25日08時54分

明日からは『ガッツ』で巻き返しを目指す!

明日からは『ガッツ』で巻き返しを目指す!(撮影:岩本芳弘)

ゲインブリッジLPGAアット・ボカ・リオ 2日目◇24日◇ボカ・リオGC(フロリダ州)◇6701ヤード・パー72>

4アンダー・2位タイで第1ラウンドを終えた河本結だが、この日はショートパットに苦しむ1日となった。「(ボールを)つける位置が基本傾斜と逆傾斜が重なる場所にいくことが多く、ラインに悩むことが多かったです」と、天を仰ぐ場面が目立った。それでも、しっかりと攻め抜き、4バーディ・5ボギーとスコアロスを最低限にとどめた。トータル3アンダー・19位タイであすからの決勝ラウンドに進む。

米メディアから質問攻めの河本結【写真】

インスタートのこの日、12番でティショットを林に打ち込みボギーとすると、続く13番パー3でもピン12mから50cmまで寄せるナイスタッチをみせた後、このパーパットを外した。その後も迷いながら放った短いパットがなかなか決まらず。「ミスヒットがすごく多かった。1.5m以内を4回外したのはすごくもったいなかったです」と唇を噛んだ。

この日は前日とは異なり、風も穏やかな1日。そのなかでティが前に置かれ、ピン位置も、外してもセーフティな場所に切られている、スコアが伸びやすい条件だった。事実、トップに立ったマデリーン・サグストロム(スウェーデン)が「62」をマークしたのをはじめ、畑岡奈紗も「64」で上位進出を果たすなど、一気に伸ばしあいが繰り広げられた。

それだけに「いいスコアがでるかなと期待していたんですけど、自分がミスをしたのが残念」とその悔しさはひとしお。「ショートパットが課題。時間をかけて、1mくらいは目をつぶっても入るくらいになりたい」と、改めて心に刻んだ。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

石川・小平らが出場 「ザ・ホンダ・クラシック」組み合わせ
石川遼、小平智らが出場する「ザ・ホンダ・クラシック」の組み合わせはこちら
小平が出場「プエルトリコ・オープン」リーダーボード
小平が出場「プエルトリコ・オープン」のリーダーボードはこちら
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!