東南アジア連戦から始動の渋野日向子 日本ツアーの出場義務はどうなっている? | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内女子 > 記事

東南アジア連戦から始動の渋野日向子 日本ツアーの出場義務はどうなっている?

2020年01月11日15時09分

テレビ朝日ビッグスポーツ賞の表彰式に出席した澁野日向子

 

テレビ朝日ビッグスポーツ賞の表彰式に出席した澁野日向子(撮影:福田文平)

一気にブレイクした2019年も終わり、渋野日向子が勝負の年を迎えた。『テレビ朝日ビッグスポーツ賞』の表彰式に出席した渋野は、今季のスタートを米国女子ツアーの東南アジア連戦からスタートすると発表した。

渋野と五輪アスリートが共演【写真】

「まだエントリーはしていませんが」とした上で、初戦となるのは2月23日に開幕する「ホンダLPGAタイランド」の予定。こちらは推薦出場となる見込みだが、その翌週の「HSBC女子世界選手権」は昨年の「全英AIG女子オープン」優勝ですでに出場権を獲得済み。今月末にはタイに飛び、10日間ほどの合宿を経て一度帰国。再びタイに飛び、開幕を迎える予定だ。

米ツアー2連戦を終えると、シンガポール翌週にはすぐに国内女子ツアーの「ダイキンオーキッドレディス」に出場。日米両ツアーを行き来するシーズンが本格化するが、その後の予定はどうなるのか。

「海外メジャーに出場しながら、日本のツアーにも可能な限り出場する」というのが一般的だが、海外メジャー出場となると、移動も含めかなりハードなスケジュールが予想される。6月末の世界ランキングによって「東京五輪」出場の可否が決まるため、現在11位のランキング維持は大命題。ツアー本格参戦2年目は、移動や休養といった面でも厳しい道のりが続く。

そこで気になるのは渋野の国内ツアー出場。今季の国内ツアーは37試合。19年の賞金ランキングで2位に入った渋野には、賞金シード選手として出場義務が発生する。20年の規定はまだ発表されていないが、19年までのものにあてはめると、今年の賞金シード選手の出場義務試合は21試合。これは、出場権が限られる「日本女子オープン」、「TOTOジャパンクラシック」、「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」を除いた34試合の60%以上というのが基準となっている。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

松山英樹が出場! 「ロケット・モーゲージ・クラシック」のリーダーボード
米国男子ツアー再開4戦目「ロケット・モーゲージ・クラシック」のリーダーボードはこちら!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
春に着たかった! 女子プロ勝負ウエアコレクション
「これを着てプレーしたかった!」という、お気に入りの“勝負ウェア”をコメントとともに披露!
あなたの上達手伝います プロキャディからの助け舟
一番近くでプロゴルファーのプレーを見ているプロキャディに、アマチュアゴルファーのスコアアップにつながる“アドバイス”を聞いた!
【レッスンコミック】宮里道場を期間限定で公開中!
ステイホーム中はレッスンコミックでうまくなりましょう。期間限定で宮里道場を公開中!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!