2020年初戦に見た米ツアーの逸材たち【舩越園子コラム】 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

セントリー・トーナメント・オブ・チャンピオンズ

  • 期間:2020年01月02日-01月05日、
  • 場所:プランテーションコース at カパルア(ハワイ州)

2020年初戦に見た米ツアーの逸材たち【舩越園子コラム】

2020年01月06日14時34分

激闘が展開された20年初戦 J・トーマスが三つ巴のプレーオフを制した

激闘が展開された20年初戦 J・トーマスが三つ巴のプレーオフを制した(撮影:GettyImages)

2020年の初戦、「セントリー・トーナメント・オブ・チャンピオンズ」は昨季の優勝者34人がハワイ島のカパルアCCに結集。王者タイガー・ウッズや世界ナンバー1のブルックス・ケプカ(ともに米国)、ナンバー2のローリー・マキロイ(北アイルランド)の姿は無かったが、話題は実に多かった。

ジャスティン・トーマスのドライバースイング【連続写真】

初日に首位に立ったのはチリ出身の21歳、ホアキン・ニーマンだった。昨季に初優勝を挙げたニーマンは、「プレジデンツカップ」に初出場した際、「タイガー・ウッズと戦って彼を倒す!」と豪語した威勢のいい若者だ。

ニーマンのみならず、コリン・モリカワ、マシュー・ウルフ(ともに米国)など昨季初優勝を挙げた期待の若手たちは米ゴルフ界の未来を担う貴重な存在。今週は優勝争いに絡めなかったが、いずれも奮闘していた姿が印象的だった。

そんな中、2日目に一気に2位に浮上したのはパトリック・リード(米国)だった。リードと言えば、昨年12月の「ヒーロー・ワールド・チャレンジ」の際、バンカーの砂をソールで押し払い、「ライの改善」で2罰打を科せられた驚きの出来事が記憶に新しい。

翌週のプレジデンツカップではオーストラリアのギャラリーに激しく野次られ、挙げ句に彼のキャディがギャラリーにつかみかかり、最終日の個人マッチでバッグを担ぐことを禁じられる前代未聞の事態まで招いた。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!