世界選抜の“新米”キャプテンが大活躍! タイガー・ウッズは3日目一時“休戦” | ALBA.Netのゴルフニュース

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

プレジデンツカップ

  • 期間:2019年12月12日-12月15日、
  • 場所:ロイヤル・メルボルンGC(オーストラリア)

世界選抜の“新米”キャプテンが大活躍! タイガー・ウッズは3日目一時“休戦”

2019年12月13日16時11分

新米キャプテンのアーニー・エルスがチームをまとめる(撮影:ALBA)

<プレジデンツカップ 2日目◇13日◇ロイヤル・メルボルンゴルフクラブ(オーストラリア)>

2日目を終えて、世界選抜チームが優勢に立つのは2005年大会以来だ。初日に世界選抜が3ポイントのリードを取ると、2日目は5マッチ行われた内、両チームが2勝ずつ獲って1マッチ引き分け。2.5ポイントずつ加算して、世界選抜が優勢のまま大会後半を迎える。

こんなに近くにコアラ!【大会写真】

過去12大会のうち、世界選抜が勝ったのは1998年の1度のみ。両チームともトッププロが集まっているとはいえ、世界ランキングだけ見れば米国選手が一枚上手だ。加えて、大会経験者が多い米国選抜に比べて、世界選抜は初出場選手が7人。今大会ここまでの活躍は、国籍も経験もバラバラな選手たちをまとめる新キャプテンの存在が大きかった。

「アーニーは、お互いをよく知って一丸となれるように努力してくれている。今週はそれが結果となって現れているし、チームルームはいつも雰囲気がいい」と語るのは初出場のキャメロン・スミス(オーストラリア)。選手として何度も大会に出場してきたアーニー・エルス(南アフリカ)が、今年は初めてキャプテンとして参戦。本戦中もホール間をカートで駆け回り、ゲームプランを確認したり、選手たちを鼓舞したりと奔走している姿が印象的だ。

大会4度目の参戦となるルイ・ウーストハウゼン(南アフリカ)は、「細かいところまでサポートしてくれている。彼のためにプレーできるのは、私にとっても特別」と、この日はダスティン・ジョンソンマット・クーチャーの強豪2人を相手に3&2で勝利。チームに貢献する活躍を見せた。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

SMBCシンガポールOPのニュースはこちら
国内男子ツアー2020年開幕戦! 「SMBCシンガポールOP」のニュースをチェック!
米女子ツアーの2020年初戦がスタート!
畑岡奈紗が出場する「ダイヤモンド・リゾーツ・トーナメント・オブ・チャンピオンズ」の速報はこちら
米男ツアー「ザ・アメリカンエクスプレス」速報
R・ファウラーらが出場する「ザ・アメリカンエクスプレス」の速報はこちら
欧州男子ツアー「アブダビHSBC選手権」速報
川村昌弘が出場する欧州ツアー「アブダビHSBC選手権」のリーダーボードはこちら
2020年の初打ち前にルールをチェック!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!