ロープ外からタイガーはどのくらい見えるのか!? ギャラリーと一緒に全力で楽しんでみた【記者A はじめてのプレジデンツカップ #2】 | ALBA.Netのゴルフニュース

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

プレジデンツカップ

  • 期間:2019年12月12日-12月15日、
  • 場所:ロイヤル・メルボルンGC(オーストラリア)

ロープ外からタイガーはどのくらい見えるのか!? ギャラリーと一緒に全力で楽しんでみた【記者A はじめてのプレジデンツカップ #2】

2019年12月13日10時27分

おい、おい 何も見えないよ!(撮影:ALBA)

いよいよ待ちに待った本戦初日。タイガー・ウッズの組をガッツリしっかり見てやるぜ! と意気揚々とコース入りしたものの、スタートホールからすでに心が折れそうになっていました…。

というのも、さかのぼること数時間前。練習日から大にぎわいのプレジデンツカップは、本戦となればさらに混雑することは必至。そんな時のために、記者やカメラマンにはプレーが見やすいようにと『インサイドパス』が配られます。これがあればローピングの中に入って取材が可能。当然もらえるものとばかり思って受付に行ったら、手渡されたのは『アウトサイドパス』。

「これがあればローピングの外から、ちゃんと取材も撮影もできるから」(受付スタッフ)。…それってつまり、撮影が許されたギャラリーってことですね?(詳細は省きますが)大人の事情でインサイドパスはゲットできなかったので、ギャラリーの皆さんと一緒に外を歩きながら撮影することに。こうなったらもう、ギャラリーとして楽しんでやれ! と思って外に出たものの、ここからほぼ何も見えない1日が始まります。

スタート30分前に1番ティに行ったので、まだ若干人は少なめ。場所取りをしているうちに、トップバッターのタイガーたちが登場して大盛り上がり。選手が登場するたびに、客席からは選手の名前をもじった替え歌が響きます(カントリー・ロードとか、バックストリートボーイズの『I want it that way』とか…、選手も思わず吹き出してました)。ルイ・ウーストハウゼンは、「もっと、もっと!」と拍手と声援をあおってからティショット。パトリック・リードがティショットを打った瞬間には『バンカーに入れ!』なんてヤジも飛んでいましたが、これはこれで楽しんでいた様子。

ファンキーな米国サポーター【写真】

ひと通り撮影し終えてから、一番盛り上がっているタイガーの組について行くことに。ところが、人の壁が厚すぎて選手どころかコース内が全く見えない。先回りしようと次のホールに行っても、すでにティからグリーンまで人の波ができています。人の多さに加えてみんな背が高いので、背伸びしてもフェアウェイの緑が見えたらラッキーレベル。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

SMBCシンガポールOPのニュースはこちら
国内男子ツアー2020年開幕戦! 「SMBCシンガポールOP」のニュースをチェック!
米女子ツアーの2020年初戦がスタート!
畑岡奈紗が出場する「ダイヤモンド・リゾーツ・トーナメント・オブ・チャンピオンズ」の速報はこちら
米男ツアー「ザ・アメリカンエクスプレス」速報
R・ファウラーらが出場する「ザ・アメリカンエクスプレス」の速報はこちら
欧州男子ツアー「アブダビHSBC選手権」速報
川村昌弘が出場する欧州ツアー「アブダビHSBC選手権」のリーダーボードはこちら
2020年の初打ち前にルールをチェック!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!