世界選抜が10大会ぶりロケットスタート あすはタイガー&松山英樹が直接対決 | ALBA.Netのゴルフニュース

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

プレジデンツカップ

  • 期間:2019年12月12日-12月15日、
  • 場所:ロイヤル・メルボルンGC(オーストラリア)

世界選抜が10大会ぶりロケットスタート あすはタイガー&松山英樹が直接対決

2019年12月12日16時05分

ホールアウト後に仲間と抱き合う松山英樹(撮影:GettyImages)

<プレジデンツカップ 初日◇12日◇ロイヤル・メルボルンGC(オーストラリア)◇7055ヤード・パー71>

過去12回行われた大会のうち、世界選抜が勝ったのは1998年の1度のみ。10大会ぶりの勝利に向けて、各国から集まった猛者たちが底力を見せつけた。

世界選抜の美人妻たちも集結!【写真】

先制点を取ったのは、タイガー・ウッズジャスティン・トーマスの米国選抜。世界ランクトップ10入りの2人はさすがの強さで、15ホールを終えて4&3。いち早く勝ち点1ポイントを奪って見せた。「ジャスティンとはいいチームワークでできたし、早めにリードを奪えたのはチームにとっても大きい」(ウッズ)と仲間の応援に向かった2人だが、キャプテンウッズの表情は曇ることになる。

後続4組のうち、3組が米国選抜を下してホールアウト。残るは松山英樹&C・T・パン(台湾)対ウェブ・シンプソンパトリック・リードの1組のみ。全ギャラリー、全メンバーが注目する中、引き分けの状態で迎えた17番。松山がバーディパットを沈めて大歓声の中、力強くガッツポーズ。これで1アップとリードし、最終ホールを引き分けとして勝利を決めた。

初日を終えて、世界選抜4ポイント、米国選抜1ポイントで終了。世界選抜が3ポイントの大差をつけてスタートを切るのは、1998年大会以来となる。「4-1は、思ってもいなかった好スタート。本当にうれしい」と満足げな笑顔を浮かべた世界選抜キャプテンのアーニー・エルス(南アフリカ)。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

松山・石川らが出場 「WGC-メキシコ選手権」速報
松山英樹、石川遼らが出場する「WGC-メキシコ選手権」の速報はこちら
小平が出場する「プエルトリコ・オープン」リーダーボード
小平が出場する「プエルトリコ・オープン」のリーダーボードはこちら
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!