去年は「ない!」と回答 菊地絵理香が選んだのは自分でも驚きの…【女子プロが選ぶ“今年の一打”】 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内女子 > 記事

去年は「ない!」と回答 菊地絵理香が選んだのは自分でも驚きの…【女子プロが選ぶ“今年の一打”】

2019年12月10日12時12分

菊地絵理香が選んだ今年の一打は?

 

菊地絵理香が選んだ今年の一打は?(撮影:村上航)

多くのドラマが生まれた2019年シーズンに活躍した選手たちに、一番“印象”に残っている1打を挙げてもらった。良かったものを挙げる選手、悪かったものを挙げる選手。性格やその年の活躍が如実に出るこの企画。今回は、日本勢最長タイとなる8年連続賞金シードを獲得した菊地絵理香。

シンプルさゆえの美しさ 菊地絵理香のピタッとアプローチ【連続写真】

今季前半は苦しんだ。「アクサレディス」で9位タイ、「スタジオアリス女子オープン」の2位タイなど上位フィニッシュもあったが、持ち前のショット力、安定感からすれば物足りない数字。その後も9月の「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯」から2週連続で予選落ちを喫するなど不振を極めたが、9月末からはトップ10が4回。土壇場で13年から7年連続となる最終戦の切符をつかんだ。

昨年も同じ質問をした際、菊地は「優勝をしていないので…、ないですね。優勝した大会での一打が、印象に残るものであって欲しいです」と勝利を挙げてないがゆえのプライドをのぞかせた。今年も開口一番「ない、ない」と回答。今回も同じかな…、と思っていると、「印象に残っている1打なら今年はあります」と意外な場面を挙げた。

「OBを2連続で打ったやつ。それしかないですね」

それは39位タイから上位進出を伺った「デサントレディース東海クラシック」2日目だった。前半で3つ伸ばしたものの、折り返して2つ落として迎えた14番。ドライバーを握った1打目が左に行ってOB。そこから「あー、打っちゃった〜、みたいな感じで打っちゃいました」という2打目はさらに左に行って2つ目のOB。結局このホールで「+5」を叩き、前週に続く予選落ちを喫した。

おすすめコンテンツ

現地直送! 国内女子21年初戦の撮れたてフォト
シブコ、ボミ、エリカ…。女子プロの笑顔をどこよりも早くお届け!
国内女子ツアー21年初戦! 組み合わせはこちら
シブコは? ボミは? 原英莉花は? 「ダイキンオーキッドレディス」の組み合わせをチェック!
【100切りレッスン】ドライバーのOBを防ぐ
100を切るにはつまらないダボを減らすこと。とにかくドライバーのOBを何とかしたい!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
【2021年版】ゴルファー大調査アンケート結果
平均スコアやゴルフ上達法、人気のYouTubeまで…。アマチュアゴルファーの“今”を知る!
見て楽しい着けて楽しい! プロたちのマスク七変化
中には“激レア”も!? 女子プロたちのマスク姿、写真で見せちゃいます。
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!