去年は「ない!」と回答 菊地絵理香が選んだのは自分でも驚きの…【女子プロが選ぶ“今年の一打”】 | ALBA.Netのゴルフニュース

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内女子 > 記事

去年は「ない!」と回答 菊地絵理香が選んだのは自分でも驚きの…【女子プロが選ぶ“今年の一打”】

2019年12月10日12時12分

菊地絵理香が選んだ今年の一打は?

 

菊地絵理香が選んだ今年の一打は?(撮影:村上航)

多くのドラマが生まれた2019年シーズンに活躍した選手たちに、一番“印象”に残っている1打を挙げてもらった。良かったものを挙げる選手、悪かったものを挙げる選手。性格やその年の活躍が如実に出るこの企画。今回は、日本勢最長タイとなる8年連続賞金シードを獲得した菊地絵理香。

シンプルさゆえの美しさ 菊地絵理香のピタッとアプローチ【連続写真】

今季前半は苦しんだ。「アクサレディス」で9位タイ、「スタジオアリス女子オープン」の2位タイなど上位フィニッシュもあったが、持ち前のショット力、安定感からすれば物足りない数字。その後も9月の「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯」から2週連続で予選落ちを喫するなど不振を極めたが、9月末からはトップ10が4回。土壇場で13年から7年連続となる最終戦の切符をつかんだ。

昨年も同じ質問をした際、菊地は「優勝をしていないので…、ないですね。優勝した大会での一打が、印象に残るものであって欲しいです」と勝利を挙げてないがゆえのプライドをのぞかせた。今年も開口一番「ない、ない」と回答。今回も同じかな…、と思っていると、「印象に残っている1打なら今年はあります」と意外な場面を挙げた。

「OBを2連続で打ったやつ。それしかないですね」

それは39位タイから上位進出を伺った「デサントレディース東海クラシック」2日目だった。前半で3つ伸ばしたものの、折り返して2つ落として迎えた14番。ドライバーを握った1打目が左に行ってOB。そこから「あー、打っちゃった〜、みたいな感じで打っちゃいました」という2打目はさらに左に行って2つ目のOB。結局このホールで「+5」を叩き、前週に続く予選落ちを喫した。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

SMBCシンガポールOPのニュースはこちら
国内男子ツアー2020年開幕戦! 「SMBCシンガポールOP」のニュースをチェック!
米女子ツアーの2020年初戦がスタート!
畑岡奈紗が出場する「ダイヤモンド・リゾーツ・トーナメント・オブ・チャンピオンズ」の速報はこちら
米男ツアー「ザ・アメリカンエクスプレス」速報
R・ファウラーらが出場する「ザ・アメリカンエクスプレス」の速報はこちら
欧州男子ツアー「アブダビHSBC選手権」速報
川村昌弘が出場する欧州ツアー「アブダビHSBC選手権」のリーダーボードはこちら
2020年の初打ち前にルールをチェック!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!